メインメニューを開く

沢海藩(そうみはん)は、越後国蒲原郡沢海(現在の新潟県新潟市江南区横越地区)に存在した新発田藩支藩

概要編集

沢海藩の藩祖は新発田藩の藩祖溝口秀勝の次男・溝口善勝である。善勝は秀勝に早くから5000石を与えられ、慶長14年(1609年)には幕府から上野国内に2000石を与えられた。翌年、父の死により改めて1万2000を新発田藩より分与され、合計1万4000石を領する大名となって沢海藩を立藩するに至った。

善勝は大坂の陣には本家とは別行動をとって功を挙げた。その後も幕府に仕えて活躍し、寛永11年(1634年)に51歳で死去した。死後、家督は長男の政勝が継いだが、このとき弟の溝口助勝に3000石、溝口安勝に1000石がそれぞれ分与されたため、沢海藩の所領は1万石となった。寛文10年(1670年)に政勝が死去すると、家督は長男の政良が継いだ。政良は新田開発、藩政の整備などに尽力したが、天和3年(1683年)に死去した。

政良には息子に政武がいたが早世したため、甥の政親加藤明友の次男)を養嗣子に迎えて跡を継がせた。ところが政親は養父と較べて無能で、百姓に対しては過酷な重税、おまけに酒に溺れては狂乱に陥る振舞いがあったため、貞享4年(1687年)8月、所領を没収されて兄の加藤明英江戸藩邸にて謹慎を命じられた。こうして、沢海藩は廃藩となった。

歴代藩主編集

溝口家

1万4000石→1万石 外様 (1610年 - 1687年

  1. 溝口善勝(よしかつ)
  2. 溝口政勝(まさかつ)
  3. 溝口政良(まさよし)
  4. 溝口政親(まさちか)