滝野 瓢水(たきの ひょうすい、貞享元2年〈1684年〉 - 宝暦12年5月17日1762年7月8日〉)は、江戸時代中期の俳人。滝瓢水とも。[1]

滝野 瓢水
Hyousui kakurinji.jpg
鶴林寺加古川市)にある句碑の案内文
誕生 1684年????
日本の旗 日本 播磨国加古郡別府村
死没 1762年5月17日
日本の旗 日本 摂津国大阪
職業 俳人
ジャンル 俳句
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

人物編集

播磨国加古郡別府村に生まれる。通称は叶屋新之丞のち新右衛門。生家は千石船七艘を有する富裕な廻船問屋だったが、瓢水の遊蕩乱費のため没落する。俳号は瓢水の他に富春斎(ふしゅんさい)や自得(じとく)等がある。[2]

同時代の書物には、「生得無我にして洒落なれば笑話多し」[2]、「俳事に金銀を擲ちて後まづしかりしも、心にかけぬ大丈夫」[3]と記されている。洒脱な中にも人間味のあふれる作品を残した。[4]

宝暦12年(1762年)5月17日(現在暦では7月8日) 旅先の大坂にて没。享年79歳。[4]

作品編集

(大阪の知人が遊女を身請けしようとしていたのを諫めて詠んだ句)[注 1]

手に取るなやはり野に置け蓮華草

(亡き母の墓前で孝行できなかったことを悔いて詠んだ句)

さればとて石にふとんも着せられず

(没落し蔵を売った際に詠んだ句)

蔵売って日あたりの善き牡丹かな

(風邪をひいて薬を買いに行ったことを、「娑婆への未練」と断じた禅僧に送った句。加古川市の宝蔵寺に句碑あり)[6]

浜までは 海女も蓑着る 時雨かな

神戸市須磨区禅昌寺に句碑あり)[7]

本尊は釈迦か阿弥陀か紅葉(もみじ)かな

(加古川市の鶴林寺に句碑あり)

ほろほろと雨そふ須磨の蚊遣哉

注釈編集

  1. ^ 最も人口に膾炙した作品であるが、姫路獨協大学教授の富田(渡邉)志津子によると「後年の伝説による句で、実の作ではない」とのことである[5]

脚注編集

  1. ^ レファレンス協同データベース, 国立国会図書館, (2015-03-24), http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000169933 2018年9月30日閲覧。 
  2. ^ a b 続近世畸人伝
  3. ^ 続俳家奇人談
  4. ^ a b 鶴林寺・句碑の説明文
  5. ^ 兵庫県ゆかりの作家 瓢水, ネットミュージアム兵庫文学館, https://www.artm.pref.hyogo.jp/bungaku/jousetsu/edo/authors_f.html 2018年9月30日閲覧。 
  6. ^ 『観光スポット案内』宝蔵寺, 加古川観光協会, http://kako-navi.jp/spot/spot/purpose/history/648 2018年2月25日閲覧。 
  7. ^ 『瓢水 句碑』, 須磨観光協会, http://www.suma-kankokyokai.gr.jp/modules/gnavi2/index.php?lid=50&cid=9 2018年2月25日閲覧。 

参考文献編集

  • 『ふるさとの文化遺産』、第2巻、木戸正著、木戸書店、1985年。全国書誌番号:85048140NCID BA8276760X
  • 『近世畸人伝、続近世畸人伝』、宗政五十緒校注、平凡社東洋文庫、初版、1972年。全国書誌番号:73007726NCID BN03127138
  • 『俳家奇人談、続俳家奇人談』、竹内玄玄一著、雲英末雄校注、岩波文庫、1987年。全国書誌番号:88005674NCID BN01405193
  • 『デジタル版 日本人名大辞典+Plus』、講談社。
  • 『朝日日本歴史人物事典』、朝日新聞出版。
  • 『俳人滝瓢水』、長谷川武雄著。NCID BA55638783
  • 大辞林』、第三版、三省堂。