演奏所(えんそうじょ、Performance)とは、無線局のなかで、演奏設備のある場所を示す。放送局の演奏所が一般的である。

アメリカスポーツ専門チャンネル ESPN主調整室(マスター)

演奏」とあるが音楽や楽器を鳴らす訳ではなく、放送や送信のための映像・音声を送出するという意味である。概ね放送局と同義であるが、法令上は詳細規定がある(後述)。

日本の放送局における演奏所 編集

電波法関係審査基準には放送局の演奏所として、「演奏設備とは、主調整装置、演奏室、演奏装置等とする。」「主調整装置が放送対象地域外に設置される場合においては、放送対象地域内にある主要な演奏設備がある場所を第1演奏所とする。」と規定されている。

すなわち放送局の中で、演奏室=スタジオ、演奏装置=副調整室、主調整装置=主調整室等を置いているところが演奏所になる。多くは商法上の本社と同一位置とされることが多いが、親局や中継局(送信所)、放送事業計画との関係により、演奏所には細かな規定があり、たとえ放送局の本社にスタジオ、副調整室、主調整室等を置いていても法令上、演奏所とされない場合もある。[注釈 1]。また「演奏所なし」の放送局もある。

演奏設備 編集

  • 主調整装置
  • 演奏室
  • 演奏装置

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 現在本社と演奏所が分離している放送局としては、横浜市内に本社並びに演奏所を置くが、同時に東京都内の支社も演奏所とするアール・エフ・ラジオ日本が挙げられる。過去の演奏所と本社が異なっていた例としては吹田市千里丘時代、大阪市堂島に本社並びに演奏設備があったものの千里丘が演奏所だった毎日放送(現在のMBSメディアホールディングス)や、県庁所在地以外に本社を置いていたが県庁所在地にある業務センターが演奏所となっていた岩手めんこいテレビテレビ信州(本社と演奏所の位置関係はそれぞれ水沢市盛岡市松本市長野市)など。

参考文献 編集

  • 「電波法関係審査基準(平成13年1月6日 総務省訓令第67号)」

関連項目 編集