演奏所

演奏所(えんそうじょ)とは、無線局のなかで、演奏設備のある場所を示す。放送局の演奏所が一般的である。

演奏」とあるが音楽や楽器を鳴らす訳ではなく、放送や送信のための映像・音声を送出すると言う意味である。概ね放送局と同義であるが、法令上は詳細規定がある(後述)。

目次

日本の放送局における演奏所編集

電波法関係審査基準には放送局の演奏所として、「演奏設備とは、主調整装置、演奏室、演奏装置等とする。」「主調整装置が放送対象地域外に設置される場合においては、放送対象地域内にある主要な演奏設備がある場所を第1演奏所とする。」と規定されている。

すなわち放送局の中で、演奏室=スタジオ、演奏装置=副調整室、主調整装置=主調整室等を置いているところが演奏所になるが、親局や中継局(送信所)、放送事業計画との関係により、演奏所には細かな規定があり、たとえ放送局の本社にスタジオ、副調整室、主調整室等を置いていても法令上、演奏所とされない場合もある。また「演奏所なし」の放送局もある。

演奏設備編集

  • 主調整装置
  • 演奏室
  • 演奏装置

関連項目編集

参考文献編集

  • 「電波法関係審査基準(平成13年1月6日 総務省訓令第67号)」