メインメニューを開く

濱野 圭司(はまの けいじ、1956年8月1日 - )は、大阪府出身のフリーアナウンサーである。立命館大学法学部卒業。

目次

来歴編集

大学2年生の時に初めて競馬場を訪れ、そこで初めて見たレースに魅了されたことで「競馬に関する仕事に就きたい」という意識が高まったという[1]

大学卒業後、1980年に近畿放送(ラジオ京都、後の京都放送=KBS京都)に入社。中央競馬実況中継のメイン実況アナウンサーとして数多くの名勝負に立ち会う。

1994年に近畿放送を退社した後は、関西でフリーアナウンサーとして活動。競馬はもとより、プロ野球高校野球ラグビーサッカーなどのスポーツ実況も担当している。中でも牝馬クラシックの第1戦・開幕戦を飾る桜花賞では、局アナ時代の1985年から31年連続で実況を担当しており、Mr.桜花賞の異名を取っている。

現在の担当番組編集

過去の担当番組編集

脚注編集

  1. ^ 別冊ラジオパラダイス『DJ名鑑』(1987年刊)より[要ページ番号]

外部リンク編集