OBCドラマティック競馬

OBCドラマティック競馬(オービーシードラマティックけいば)はラジオ大阪が日曜 10:00 - 16:30に放送している中央競馬中継のタイトルである。正式タイトル名は「日曜競馬完全中継!! OBCドラマティック競馬」(にちようけいばかんぜんちゅうけい!! オービーシードラマティックけいば)である。提供・JRA日本中央競馬会[1]。西宮の焼肉勝っちゃんグループ[2]。協力・競馬エイト。関連番組の地方競馬中継OBCドラマティック競馬金曜版 そのだ金曜ナイター中継(オービーシードラマティックけいばきんようばん そのだきんようナイターちゅうけい)についても記載する。

日曜競馬完全中継!!
OBCドラマティック競馬
ジャンル スポーツ番組中央競馬
放送方式 生放送
放送期間 1994年 -
放送時間 日曜 10:00 - 16:30(330分)
放送局 ラジオ大阪
パーソナリティ 西村寿一
出演 濱野圭司
松下翔
三宅きみひと
競馬エイトサンケイスポーツトラックマンなど
提供 日本中央競馬会
サンケイスポーツ競馬エイト週刊Gallop
公式サイト 日曜競馬完全中継 OBCドラマティック競馬 公式サイト
テンプレートを表示

概要編集

現在、放送されているラジオ大阪の全番組の中で最も長時間の枠を持つ。

G1がある日のオープニングは前年の当該競走のスタートと最終直線のシーンの録音から放送を開始、エンディングではそのレースをもう一度、最終直線から振り返って番組を終える。

歴史編集

当番組は1994年のスタートだが、ラジオ大阪はそれ以前の1970年代にも『OBCサンデー競馬』(オービーシーサンデーけいば)が放送されていた。

当時は毎日放送MBSラジオ)が専門紙最大手の競馬ブックと提携して一時中断状態だったレギュラーの競馬放送を再開しようとしていた時期で、OBCはケイバブックと、同じ産経新聞グループ[3]サンケイスポーツの2社から解説者の派遣を受けた。ところが、OBCは1982年(昭和57年)4月改編で文化放送との企画ネットによる『TOYOTAサンデースペシャル・決定!!全日本歌謡選抜』を導入するため、一旦競馬中継を打ち切った。このためサンスポの解説者は新聞系列の違うラジオたんぱ第2放送『中央競馬実況中継』に転出する。

1994年(平成6年)4月改編において、『全日本歌謡選抜』の後継番組『SUPER COUNTDOWN 50』が文化放送で日曜午後から金曜夜に時間変更となる際に企画ネットを取りやめることになり、OBCは後継番組として12年ぶりに競馬中継を再開しようとしていた。しかし、中断している間に強い既得権益を得たMBSと競馬ブックが反発した。このためOBCはMBSとJRAの間の役務調達契約を取り持っていた電通関西支社に話を持ち掛けた。電通は

  • MBSが土曜日の放送をラジオ関西(AM KOBE→CRK、『サタデー競馬』)に全面移管する代わりに、AMKから競馬中継の制作を受託する
  • OBCは日曜日のみの放送とする
  • MBS、AMKとJRAの間で結ばれていた役務調達契約の対象にOBCを含める

という妥協案を提示した。

問題は人員の確保だったが、折しもイトマン事件の煽りを受け経営危機に陥っていたKBS京都から中堅競馬担当アナだった寺西裕一濱野圭司の2人が退社することが決まり、OBCは2人をフリーアナウンサーとして受け入れ実況を任せることにした。寺西は個人事務所『ユウセイプランニング』を設立し契約の受け皿になるとともに、OBCはユウセイに対して後継人材の育成や新たな人脈作りを期待した。

こうしてOBCは、毎週日曜日12:30 - 16:30の枠で競馬中継の放送を再開することになった。その後1997年(平成9年)4月改編で、直前枠で放送されていたスパカンの後番組『決定!オールジャパン・ザ・ベストヒット』を取りやめて『スポーツワイド』を11:00-12:30の枠で開始、その中で競馬中継が実施され実質延長された。そして1999年(平成11年)、『スポーツワイド』を当番組に吸収した上で10:00スタートの西日本主場全レース完全放送となった。この際に「日曜競馬完全中継」[4]のサブタイトルが付けられるとともに、MBS『みんなの競馬』と競合しない13:00以前の時間帯はJRAがスポンサーに入る。

2012年10月から一時期、祝日の月曜開催時は西日本主場のメインレースをワイド番組内で中継していた。

2019年(平成31年)4月改編で、放送時間中への産経新聞ニュース天気予報交通情報の挿入が無くなった。

ネットワーク編集

東日本主場(一部レースを除く)と第三場開催については放送席からモニターを通して実況(JRA公式映像に合わせて実況、番組内では「画面実況」と呼んでいる)を行う。

東日本主場のレースは、メインレースは原則文化放送(『スポスタ☆MIX ZONE』内中央競馬メインレース中継)からネットを受ける。メイン以外の特別と最終競走[5]は、画面実況を行う。ただし文化放送が都合により関東主場にアナウンサーを派遣出来ない時は、メイン競走も画面実況とすることや、過去にはラジオ日本(『日曜競馬実況中継』)からネットしたこともある。

第三場開催については、9レースから12レースまでの4つのレースについて、画面実況を行う。

西日本主場のメインレースは、GI競走以外はラジオ日本(『日曜競馬実況中継』)にネットされる。これはKBS京都が2010年12月限りで日曜日の競馬中継を取りやめたことによるもので、2011年1月からスタートした。但し関西でのGIレース当日など、ラジオ日本が自社制作を行う場合は文化放送にネットされる。

中京競馬場開催のGIレース(高松宮記念チャンピオンズカップ)は東海ラジオからのネット、但し東海ラジオが自社制作をしない場合は文化放送からネットを受ける[6]。逆に関西主場の重賞競走は、東海ラジオでも放送される場合があった。

イレギュラー放送編集

  • 毎年1月最終日曜日に開催される大阪国際女子マラソンは2014年までOBCが主催者に入っていたため、当番組はマラソン中継を挟む形で10:00〜11:55と15:00〜16:30の2部構成の放送となっていた。なお中断された時間に行なわれたレースは結果のみで纏めて第2部の冒頭に一気に伝えられた。2015年(平成27年)大会よりOBCはマラソンを主催から後援に切り替えたこともありマラソン中継が無くなり、当日も通常通り放送する。
  • 2013年秋季から、1日全体の最終競走は春季・秋季については16:25に設定された。最終レースが関西主場である場合はレース生中継をするが、関東主場・第3場は実況しないで状況の説明程度にとどめる場合が多い。その競走の進行状況によっては全体の最終競走の結果・払戻金発表ができないので「主催者発表のものでご確認ください」とアナウンスする場合もある。なお発走予定時刻が16:30以降のレースは最初から中継せず、総合司会の西村がその旨断りを入れている。
  • 関東主場(東京・中山)GI開催日[7]及び高松宮記念のGIレース開催当日やまれにGI開催日以外でも2場開催時などで、関西主場における第1競走の発走予定時刻が9:50か9:55となる場合、第1競走の実況は行われない。なお現在は第1競走が10:00以前に発走する場合は番組冒頭に実況録音とレース結果を流している。
  • 2011年(平成23年)3月20日から4月17日の間は、東日本大震災の影響による東日本主場の開催中止に伴いラジオ日本が西日本主場全レースの自社制作を行ったため、日曜日のメインレースを文化放送へネットした。特に3月20日の放送はOBCでも音楽を全く流さず、厳粛に放送した。
  • 2012年(平成24年)9月30日は台風の接近に伴い阪神競馬場のレースが行われなかったため、中山競馬場のメインレーススプリンターズステークスのみ文化放送からのネット、メイン以外の全レースは画面実況で放送した。
  • 2018年(平成30年)9月30日は台風の接近に伴い阪神競馬場のレースが行われなかったため、阪神競馬場内のOBC機材室に特設スタジオを置き、実況アナウンサー3名は中山競馬場のメインだったスプリンターズステークスを除く全レースを画面実況した。各トラックマンは自宅や外出先から電話で出演。
  • 2020年(令和2年)4月26日から5月17日の間の放送日は、新型コロナウイルス感染対策として西村・田辺・松下はOBC本社スタジオからの出演、濱野と三宅は京都競馬場から実況を行った[8]
  • 後述の濱野が休んでいた期間中は、東日本主場の9・10レースをラジオ日本からネット受けしていた。

出演者編集

総合司会編集

実況編集

  • 濱野圭司 - フリー(元KBS京都)、1994年の立ち上げと同時に着任。西村が休憩中の時間帯は全体進行も担当。2019年2月10日から同年3月3日まで放置していた骨折を治療するため休んでいた[9]
  • 三宅きみひと- フリー(きときとヴォイス代表[10])、2012年1月着任。
  • 松下翔- フリー(ユウセイプランニング出身)、2020年1月着任。

アシスタント編集

週替わりで担当。

解説編集

原則1レースおきに交代。同じフジサンケイグループカンテレが制作するテレビの中継(『DREAM競馬』→『競馬beat』→『競馬BEAT』→『KEIBA BEAT』)と掛け持ちしている者も多い。また、レース中継をネットしていないニッポン放送日曜競馬ニッポン」と掛け持ちする者もいる。

過去の出演者編集

実況アナウンサー編集

実況アナウンサーは全員フリーで、ラジオ大阪の局アナは担当したことがない。

進行担当編集

  • 田渕岩夫 - 『OBCサンデー競馬』時代の司会。

パドック進行編集

解説・その他編集

  • 鈴木由希子 - 元競馬エイト関西時計班。『KEIBA BEAT』と掛け持ち。2017年3月31日限りで産経新聞社を退職のため、当番組からも退任。
  • 播磨政勝 - 元競馬エイト関西本紙予想担当。2009年までは冬季開催の『DREAM競馬KOKURA』(テレビ西日本制作)に出演。
  • 森ちえみ
  • 領家華子

主なコーナー編集

朝のフルコース編集

別名「ワイドクイズ」。番組中に競馬に関連するクイズを3問(午前中1問、午後2問=うち1問はメインレース終了後)出題し、そのクイズの2問以上正解者に馬券プレゼントの権利が与えられる。プレゼントする馬券は解説者各人がそれぞれにつき5000円の軍資金を持ち、それぞれに勝負レースを決定する。その的中金額の合計をメインレースの優勝した枠番号に応じてプレゼント人数を決めていく仕組みとなっている。その他競馬関連グッズの贈呈もある。

  • 1・2枠優勝 2人
  • 3・4枠優勝 3人
  • 5・6枠優勝 4人
  • 7・8枠優勝 5人

出演者の予想コーナー編集

  • 穴馬狙い撃ち - 田辺が担当
  • 三宅きみひとの君にひとめぼれ - 三宅が担当
  • 英子のA評価 - 武田が担当
  • ラジオ馬券学講座 - 西村・濱野・田辺が担当
  • サンスポ特選情報 - サンケイスポーツ競馬記者が担当

以下は競馬エイトトラックマンが担当、原則として固定されているが本人の都合で出演できない場合は他のトラックマンが担当。

  • WIN5のキモ - (不定)
  • クラシックへの道 - 津田または増井が担当
  • 究極の1点勝負 - 門口が担当

関連番組編集

OBCドラマティック競馬金曜版
そのだ金曜ナイター中継
ジャンル スポーツ番組地方競馬
放送方式 公開生放送
放送期間 2014年 -
放送時間 毎週金曜 19:00 - 20:45(105分)
放送局 ラジオ大阪
パーソナリティ 西村寿一
出演 兵庫競馬専属記者
SKNフラッシュ8他多数
提供 兵庫県競馬組合園田競馬場
楽天競馬
公式サイト OBCドラマティック競馬金曜版 そのだ金曜ナイター中継 公式サイト
テンプレートを表示

2014年5月16日から園田競馬場ナイター開催期間中の毎週金曜 19:00 - 20:26に、「OBCドラマティック競馬金曜版 そのだ金曜ナイター中継[11][12]を開始した。

日曜と異なり場内の公式実況音声を使う(放送時間内の実況は殆どが三宅、竹之上次男の担当)。放送は2019年度から園田競馬場2階SKNプレイスから公開(20:35まで、最終レース発走が遅れる場合は延長あり)[13]で行われている。

2016年度から放送時間が延長して19:00 - 20:45[14]になり最終レースも聞けるようになった。

2019年度は5月3日から11月8日まで放送された。その前週の4月26日の19:00~19:30までOBCスタジオから「もうすぐ開幕そのだ金曜ナイター」が放送された。 2020年度は5月15日から放送。ただし新型コロナウイルスの感染予防の観点から無観客で競馬が行われており、観覧希望者が競馬場に入れないため公開生放送の観覧はできない。 なお、楽天競馬公式YouTubeチャンネルにて公開生放送の模様がライブ配信されており、こちらでは映像付きで視聴できる。

出演者編集

  • 西村寿一(総合司会)
  • SKNフラッシュ8のメンバー1〜2人
  • スポーツ紙・競馬キンキ記者(予想解説、場内のパドック解説と別立て)
  • 週替わり馬券予想ゲスト(幅広い業界から、中央競馬に関係する人物が来る場合もある[15]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 裏番組であるMBSラジオGOGO競馬サンデー!スポンサーのため13時で降板
  2. ^ スリーアップフーズ。13時以降番組終了まで、ただしCMの出稿はなし
  3. ^ 当時のOBCは産経新聞の創業家だった前田家が筆頭株主で、フジサンケイグループには加盟していなかった。
  4. ^ なお、イレギュラー発生に伴い中断や放送枠の前後にレースが行われる場合は、完全中継とはならないため、サブタイトルは「日曜競馬中継」となる。このため収録されたジングルは両方対応できるように「日曜競馬中継」になっている
  5. ^ GI開催日で特別競走が1日5競走施行日及びジャパンカップ有馬記念開催日の競走施行数が11レース制の場合、最終競走から数えて4レース目から。
  6. ^ チャンピオンズカップ(2018年)、高松宮記念(2020年)が該当。他に、2010年1-3月の中京競馬場開催時はメインレースの実況を東海ラジオからネット受けしていた。
  7. ^ ただし11月に開催されるジャパンカップ(2011年まで)と12月に開催される朝日杯フューチュリティステークス(2013年まで)と有馬記念開催日は除く
  8. ^ アシスタントは以前から競馬場内の別室での出演のため変更無し
  9. ^ 「第2回京都競馬4日目 しばらくのお別れです」 ドラマティック競馬日記
  10. ^ 三宅きみひとのTwitter - 2020年3月21日更新。
  11. ^ 略称は「そのきんナイター」。
  12. ^ radiko.jpの番組表では「そのだ金曜ナイター中継」と表記されており、プロ野球中継(当番組開始時点では既に放送終了)と紛らわしい。2017年度は「OBCドラマティック競馬金曜版」も追記されていたが、2018年度は元の表記に戻っている(ただしバナー画像が当番組専用版となったため、紛らわしさは薄れている)。
  13. ^ 2018年までは園田競馬場1階レーシングスタジオから公開(観覧者との間はガラスで仕切られており、最終レース終了後しばらくして幕が降ろされ退場)
  14. ^ 20:26 - 20:29は従来通り「看板娘ホッピー・ミーナの HOPPY HAPPY BAR」(ニッポン放送制作)を放送。
  15. ^ JRA調教師杉山晴紀など。地方競馬に関する予想は禁止されていないため出演した。また小牧太カップ開催同日に小牧太、大日本プロレスカップ開催同日に所属レスラー等、当日のレースと関連した人物やプレゼンターが出演するケースも多い。

外部リンク編集