メインメニューを開く

阪急杯(はんきゅうはい)は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場で施行する中央競馬重賞競走GIII)である。

阪急杯
Lord Kanaloa Hankyu hai 2013 (IMG1).jpg
第57回阪急杯
開催国 日本の旗 日本
主催者 日本中央競馬会
競馬場 阪神競馬場
創設 1957年6月30日
2017年の情報
距離 芝1400m
格付け GIII
賞金 1着賞金4100万円
出走条件 サラ系4歳以上(国際)(指定)
負担重量 別定
出典 [1][2]
テンプレートを表示

寄贈賞を提供する阪急電鉄は、大阪市北区に本社を置く鉄道会社[3]

正賞は阪急電鉄株式会社賞[1][2]

概要編集

1956年まで行われていた重賞競走「阪神記念(はんしんきねん)」を廃止し、1957年に4歳(現3歳)以上の馬による重賞競走として創設された「宝塚杯(たからづかはい)」が本競走の前身である[4][注 1]。1960年より現名称に改称された[4]

創設時は芝2200mで行われていたが、1960年より芝1800mに変更された[5]。その後も幾度かの距離短縮や施行場・施行時期の変遷を経て、1996年に短距離重賞路線が整備され「高松宮杯(現・高松宮記念)」が芝1200mのGIに改められた際、本競走も芝1200mに変更された[4]。翌年には高松宮記念の前哨戦に位置付けられ、施行時期も第2回阪神競馬に移設され、2000年には高松宮記念が3月末に繰り上げられたのに伴い、本競走も第1回阪神競馬の開幕週に移設された[4]。2006年には芝1400mに変更し、2014年からは本競走の1着馬に高松宮記念の優先出走権が与えられている[4]

外国産馬は1990年から、地方競馬所属馬は2000年から出走可能になり[5]、2005年からは外国馬も出走可能な国際競走となった[6]

競走条件編集

以下の内容は、2017年現在[1][2]のもの。

出走資格:サラ系4歳以上

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(3頭まで)
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:別定

  • 56kg、牝馬2kg減
    • 2016年2月27日以降のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬2kg増、牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増
    • 2016年2月26日以前のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増(2歳時の成績を除く)

2012年度より、負担重量の加増内容がGII競走と同様にされている[7][8]

2014年より、本競走の1着馬には高松宮記念への優先出走権が与えられる[4]

地方競馬所属馬は、本競走で2着までに入着すると高松宮記念に出走申込ができる[9]

賞金編集

2017年の1着賞金は4100万円で、以下2着1600万円、3着1000万円、4着620万円、5着410万円[1][2]

歴史編集

  • 1957年 - 4歳以上の馬による重賞競走として「宝塚盃」の名称で創設、(旧阪神記念)の副称をつけ阪神競馬場の芝2200mで施行[5]
  • 1958年 - 「競馬法35周年記念競走」の副称をつけて施行[5]
  • 1960年 - 名称を「阪急杯」に変更。
  • 1984年 - グレード制施行によりGIII[注 2]に格付け。
  • 1990年 - 混合競走に指定、外国産馬が出走可能になる[5]
  • 1995年 - 「震災復興支援競走」の副称をつけて施行[5]
  • 1997年 - 出走資格を「5歳以上」に変更。
  • 1999年 - 厩務員ストライキの影響で延期。
  • 2000年 - 指定交流競走に指定され、地方所属馬が2頭まで出走可能となる[5]
  • 2001年 - 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件を「4歳以上」に変更。
  • 2002年 - 地方所属馬の出走枠が3頭に拡大[4]
  • 2005年 - 国際競走に変更され、外国調教馬が4頭まで出走可能となる[6]
  • 2007年 - 日本のパートI国昇格に伴い、外国調教馬の出走枠が8頭に拡大[10]
  • 2014年 - この年から1着馬に高松宮記念への優先出走権を付与[4]
  • 2015年 - 外国馬の出走枠を9頭に変更[11]

歴代優勝馬編集

距離はすべて芝コース。

優勝馬の馬齢は、2000年以前も現行表記に揃えている。

競走名は第3回まで「宝塚盃」[5]

回数 施行日 競馬場 距離 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1957年6月30日 阪神 2200m タカクラオー 牡4 2:17 2/5 玉田一彦 橋田俊三 平島尚一
第2回 1958年6月29日 阪神 2200m ヤマニン 牡3 2:21 0/5 浅見国一 相羽仙一 土井宏二
第3回 1959年7月5日 京都 2200m ホマレリユウ 牡4 2:17 2/5 宮本悳 橋本正晴 三好諦三
第4回 1960年5月22日 阪神 1800m ミンシユウ 牡4 1:49.4 坂田正行 仲住達弥 鈴木美智慧
第5回 1961年5月28日 阪神 1800m シーザー 牡4 1:50.7 清田十一 伊藤勝吉 伊藤由五郎
第6回 1962年5月27日 阪神 1800m ミスケイコ 牝4 1:51.1 清田十一 伊藤勝吉 伊藤由五郎
第7回 1963年5月26日 阪神 1800m ゴウカイ 牡4 1:50.7 栗田勝 武田文吾 伊藤由五郎
第8回 1964年5月24日 阪神 1800m パスポート 牝4 1:48.6 松永高徳 清水茂次 吉田善一
第9回 1965年5月23日 阪神 1850m バリモスニセイ 牡4 1:53.5 諏訪眞 諏訪佐市 小杉咲枝
第10回 1966年5月22日 京都 1800m ハツライオー 牡4 1:55.5 松本善登 伊藤修司 大久保常吉
第11回 1967年5月21日 阪神 1900m ニホンピローエース 牡4 1:54.8 田所稔 小川佐助 小林保
第12回 1968年7月7日 阪神 1900m アポオンワード 牡5 1:58.4 松本善登 武田文吾 (株)オンワード牧場
第13回 1969年5月18日 京都 1900m タカノキネン 牡5 2:00.4 小野幸治 小林稔 岩佐俊策
第14回 1970年5月10日 阪神 1900m ヒロズキ 牡4 1:57.4 田口光雄 松田由太郎 広瀬光次
第15回 1971年6月6日 阪神 1900m トウメイ 牝5 2:00.0 清水英次 坂田正行 近藤克夫
第16回 1972年5月14日 阪神 1600m フアストバンブー 牡5 1:39.9 福永洋一 伊藤修司 竹田辰一
第17回 1973年6月10日 阪神 1600m サカエカホー 牡4 1:34.9 湯浅三郎 加藤清一 陳葉枝
第18回 1974年6月9日 京都 1600m ケイリュウシンゲキ 牝4 1:35.0 上野清章 伊藤修司 龍進撃(有)
第19回 1975年6月8日 阪神 1600m シルバーネロ 牡4 1:35.0 福永洋一 武田文吾 伊藤英夫
第20回 1976年6月13日 京都 1600m ヤマニンファバー 牡4 1:38.1 日高三代喜 浅見国一 土井宏二
第21回 1977年6月12日 阪神 1600m センターグッド 牡4 1:35.2 鹿戸明 田所稔 中野優
第22回 1978年6月11日 阪神 1600m スリーファイヤー 牡4 1:37.3 岩元市三 布施正 渡辺淳三
第23回 1979年6月10日 阪神 1600m リードスワロー 牝4 1:34.4 田島信行 服部正利 熊本芳雄
第24回 1980年5月11日 阪神 1600m テルノエイト 牡4 1:34.6 飯田明弘 清水久雄 中村照彦
第25回 1981年5月24日 阪神 1400m サツキレインボー 牡4 1:24.4 米元孝一 田之上勲 堀脇操
第26回 1982年6月13日 阪神 1400m バンブトンハーレー 牡4 1:21.8 飯田明弘 伊藤修司 樋口正蔵
第27回 1983年6月12日 阪神 1400m ハッピープログレス 牡5 1:22.3 田原成貴 山本正司 藤田晋
第28回 1984年6月10日 阪神 1400m グァッシュアウト 牝4 1:24.0 小島貞博 戸山為夫 山田博康
第29回 1985年6月9日 阪神 1400m シャダイソフィア 牝4 1:21.9 河内洋 渡辺栄 吉田善哉
第30回 1986年6月8日 阪神 1400m ロングハヤブサ 牡5 1:22.5 南井克巳 小林稔 中井長一
第31回 1987年6月7日 阪神 1400m セントシーザー 牡5 1:22.3 河内洋 橋口弘次郎 杉谷枡夫
第32回 1988年6月5日 阪神 1400m サンキンハヤテ 牡4 1:21.6 増井裕 橋口弘次郎 河原サキノ
第33回 1989年6月4日 阪神 1400m ホリノライデン 牡4 1:22.0 武豊 目野哲也 堀内正男
第34回 1990年6月3日 阪神 1400m センリョウヤクシャ 牡4 1:22.3 河内洋 庄野穂積 (有)社台レースホース
第35回 1991年6月2日 京都 1400m ジョーロアリング 牡5 1:23.5 山田和広 坪正直 上田けい子
第36回 1992年6月7日 阪神 1400m ホクセイシプレー 牡4 1:25.2 須貝尚介 須貝彦三 (有)向別牧場
第37回 1993年6月6日 阪神 1400m レガシーフィールド 牝5 1:24.1 佐藤哲三 吉岡八郎 (株)ホースタジマ
第38回 1994年6月5日 阪神 1400m ゴールドマウンテン 牡5 1:20.9 岸滋彦 佐山優 (株)グリーンファーム
第39回 1995年6月3日 京都 1400m ボディーガード 牡4 1:20.0 松永幹夫 山本正司 浅川清
第40回 1996年6月16日 阪神 1200m トーワウィナー 牡6 1:08.5 河内洋 佐山優 斉藤一郎
第41回 1997年3月29日 阪神 1200m シンコウフォレスト 牡4 1:10.5 四位洋文 栗田博憲 安田修
第42回 1998年4月4日 阪神 1200m マサラッキ 牡5 1:08.5 河内洋 増本豊 丸井正貴
第43回 1999年4月10日 阪神 1200m キョウエイマーチ 牝5 1:08.6 秋山真一郎 野村彰彦 松岡正雄
第44回 2000年2月27日 阪神 1200m ブラックホーク 牡6 1:08.7 横山典弘 国枝栄 金子真人
第45回 2001年2月25日 阪神 1200m ダイタクヤマト 牡7 1:08.7 M.デムーロ 石坂正 (有)太陽ファーム
第46回 2002年2月24日 阪神 1200m アドマイヤコジーン 牡6 1:07.9 後藤浩輝 橋田満 近藤利一
第47回 2003年3月2日 阪神 1200m ショウナンカンプ 牡5 1:08.5 藤田伸二 大久保洋吉 国本哲秀
第48回 2004年2月29日 阪神 1200m サニングデール 牡5 1:08.5 吉田稔 瀬戸口勉 後藤繁樹
第49回 2005年2月27日 阪神 1200m キーンランドスワン 牡6 1:08.5 四位洋文 森秀行 平井豊光
第50回 2006年2月26日 阪神 1400m ブルーショットガン 牡7 1:22.5 松永幹夫 武宏平 (株)荻伏レーシング・クラブ
第51回 2007年2月25日 阪神 1400m プリサイスマシーン 牡8 1:20.5
(同着)
安藤勝己 萩原清 池谷誠一
エイシンドーバー 牡5 幸英明 湯浅三郎 平井豊光
第52回 2008年3月2日 阪神 1400m ローレルゲレイロ 牡4 1:20.7 四位洋文 昆貢 (株)ローレルレーシング
第53回 2009年3月1日 阪神 1400m ビービーガルダン 牡5 1:21.1 安藤勝己 領家政蔵 (有)坂東牧場
第54回 2010年2月28日 阪神 1400m エーシンフォワード 牡5 1:21.4 岩田康誠 西園正都 (株)栄進堂
第55回 2011年2月27日 阪神 1400m サンカルロ 牡5 1:20.1 吉田豊 大久保洋吉 (有)社台レースホース
第56回 2012年2月26日 阪神 1400m マジンプロスパー 牡5 1:22.0 浜中俊 中尾秀正 佐々木主浩
第57回 2013年2月24日 阪神 1400m ロードカナロア 牡5 1:21.0 岩田康誠 安田隆行 (株)ロードホースクラブ
第58回 2014年3月2日 阪神 1400m コパノリチャード 牡4 1:20.7 浜中俊 宮徹 小林祥晃
第59回 2015年3月1日 阪神 1400m ダイワマッジョーレ 牡6 1:23.8 M.デムーロ 矢作芳人 大城敬三
第60回 2016年2月28日 阪神 1400m ミッキーアイル 牡5 1:19.9 松山弘平 音無秀孝 野田みづき
第61回 2017年2月26日 阪神 1400m トーキングドラム 牡7 1:19.9 幸英明 斎藤誠 下河邉美智子
第62回 2018年2月25日 阪神 1400m ダイアナヘイロー 牝5 1:20.1 武豊 福島信晴 (株)駒秀
第63回 2019年2月24日 阪神 1400m スマートオーディン 牡6 1:20.3 藤岡佑介 池江泰寿 大川徹

脚注・出典編集

注釈編集

  1. ^ 『中央競馬全重賞競走成績集【古馬関西編】』では「宝塚盃」と記載されている[5]ため、当該資料を出典としている場合は「盃」を使用する。
  2. ^ 当時の格付表記は、JRAの独自グレード。

出典編集

  1. ^ a b c d 重賞競走一覧(レース別・関西) (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 6 (2017年). 2017年2月27日閲覧。
  2. ^ a b c d 平成29年第1回阪神競馬番組 (PDF)”. 日本中央競馬会. 2017年2月27日閲覧。
  3. ^ 2016年度第1回阪神競馬特別レース名解説 (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 1. 2016年2月22日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h レースについて:阪急杯 今週の注目レース”. 日本中央競馬会. 2017年2月27日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i 中央競馬全重賞競走成績集【古馬関西編】
  6. ^ a b 2005年の成績表参照。
  7. ^ 2011年の成績表参照。
  8. ^ 2012年の成績表参照。
  9. ^ 「地」が出走できるGI競走とそのステップ競走について(平成29年度) (PDF)”. 日本中央競馬会. 2017年2月27日閲覧。
  10. ^ 第1回 阪神競馬成績集計表 (PDF)”. 日本中央競馬会. pp. 655-656 (2007年). 2016年2月22日閲覧。(索引番号:06023)
  11. ^ 重賞競走一覧(レース別・関西) (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 6 (2015年). 2016年2月22日閲覧。

各回競走結果の出典編集

外部リンク編集