瀧川好庸(たきがわよしのぶ 1942年 - )は日本文学者教育者

概要編集

兵庫県出身。暁星高等学校卒業、上智大学外国語学部フランス語学科卒業、上智大学文学研究科フランス文学専攻修士課程修了[1]

教育者としては暁星学園講師、上智大学フランス文学科助手聖心女子大学講師、上智大学文学部教授を歴任[1]

1990年、瀧川慶作の次代の瀧川学園理事長となる[2]2002年滝川第二高等学校校長に就任し、任期中に滝川第二中学校を開校[3]2017年、兵庫県私学振興協会の理事長に選任され就任する[4]

2017年7月より、国際ロータリー第2680地区の2017-2018年度、ガバナーに就任。

著書・共著・訳書編集

  • フランス文法の基礎と演習 第三書房 1979年
  • 恋するジョゼフィヌ ナポレオンとの愛 中央公論社 1982年
    ナポレオンとジョゼフィーヌ 中公文庫 1987年
  • ナポレオン戦線従軍記 中央公論社 1982年
    ナポレオン戦線従軍記 中公文庫 1988年
  • 獅子は斃された エチオピア革命と愛 中央公論社 1987年
  • シャトーブリヤンとナポレオン 理想社 1993年
  • やさしく読めるフランス語新聞 第三書房 1995年
  • やさしいフランス語新聞1 第三書房 1997年
  • やさしいフランス語新聞2 第三書房 1997年
  • やさしいフランス語新聞3 第三書房 1999年
  • ヴェルサイユの歴史 白水社 1999年
  • 私学の理想と現実 幻冬舎ルネッサンス 2013年

脚注編集

  1. ^ a b 私学の理想と現実(版元ドットコム)
  2. ^ 同窓会の歩み(瀧川学園同窓会)
  3. ^ 学校案内(滝川第二高等学校・滝川第二中学校)
  4. ^ 沿革(兵庫県私学振興協会)