メインメニューを開く

外国語学部(がいこくごがくぶ)は、大学学部のひとつである。卒業して取得できる学位は「外国研究[1]」「外国文化[2]」「言語・文化[3]」などの学士である。本学部 (もしくは、実質的に同様の教育内容を行う学部) のみで構成される単科大学外国語大学とされる。

目次

概要編集

日本語の運用能力を基盤に、高度な外国語運用能力 (読む・書く・聞く・話す) を習得し、諸専門領域の体系的な学習・研究を行う学部である[4]
以下の人材養成を目的としている。
  • 高度な外国語運用能力を有し、多様性を理解し、様々な背景を持つ人々と協調し、複雑化した課題に取り組める人材[5]
  • 高度な外国語運用能力を駆使した言語地域に関する研究者[6]

教育・研究編集

  • 実用的かつ高度な外国語能力[7]
第一の目的として、「専攻語の実用的かつ高度な運用能力」を身につけることがある。
いわゆる「ツールとしての言語」を徹底的に鍛える実践的なプログラムが用意されている。(→#専攻語として教授される主な言語)
ただし(特に英語専攻の場合)主に教授の対象とされるのはCALP (認知・学習言語能力) [8] である。BICS (対人伝達言語能力) [9] は教授の対象をされないケースが多い[10]。総合的な語学力を目指す場合、授業と平行して、日常会話の演習 (暗唱など) を独自に行うか、もしくは大学入学前にマスターしておくことが望ましい。
「専攻語 + 英語」もしくは「英語 + 第2外国語」の形で複数言語の運用能力・世界観を身に付けることを重視している大学[11]がある一方で、英語偏重の教育を行う大学もある。[12]
近年、AIの発達により機械翻訳の実用化が話題になっているが、それにより外国語学習の必要が減じることはないとされている。[13]AIが発達しても、人間の通訳を置き換えることは出来ず、むしろ人間が行わなかった翻訳・通訳の新しいユースケースを開拓していく」としている。[14]
  • 諸専門領域の体系的な学習・研究[15]
「高度な言語運用能力」に加え、諸専門領域 (主に「地域研究」「国際関係」「言語コミュニケーション」など) を体系的に学ぶことで「課題発見力・解決力」を養い、世界とより深く関われる様になることを目指す。
専門領域に対し、複数の学問分野から考察する「学際系リベラル・アーツ」が行われており、教養学部と類似したアプローチと言える。 (→#他学部との関係)
関連する学問分野としては、 思想 (哲学美学宗教学など)・歴史学文学文化人類学地理学社会学 (特に文化社会学都市社会学)・政治学経済学国際関係論言語学心理学異文化間コミュニケーション論表象文化論 等で、特に文学部国際関係学部観光学部で扱われている分野と類似している。また、言語学 (特に言語獲得生物言語学音声学など) においては生物学物理学脳科学なども関連分野である。言語学関連の科目の中に言語障害に関する科目が設置され、大学院課程を修了することで言語聴覚士の受験資格が得られるケースもある[16]
学生が専門領域を決めるにあたり、多くは「Late Specialization」方式が採用されているが、東京外国語大学では、入学の段階で専門領域ごとに、「言語文化学部 (言語・情報/グローバルコミュニケーション/総合文化)」、「国際社会学部 (地域社会/現代世界/国際関係)」、「国際日本学部 (政治経済/文学文化/日本語学教育)」 に分けて募集している。他に、学部内に「国際関係学科」を設置しているケース[17]や、当初は外国語学部内に設置されたもの教育の方向性の違いにより別の学部として独立したケースもある (上智大学国際教養学部[18]獨協大学国際教養学部[19])。

カリキュラム・学生生活編集

  • カリキュラムの特徴[20]
主に以下の3タイプの科目を組み合わせることでカリキュラムを構成している。
専攻語の運用能力を養成する科目
② 専門領域の概論、関連学問分野を幅広く学ぶ科目 (主に日本語で学ぶ)
③ 専門領域の各論・演習科目 (日本語、および専攻語で学ぶ)
 ①に関しては、学科・専攻単位 (●●語学科など) で独自に行われる。一方、②③に関しては、学科や学部の枠を越え、横断的な教育を行うケースも多い。[21]
 
  • カリキュラムの例 
※授業名に関しては特定年度の各大学のシラバスを参照。あくまでサンプル。
 
上智大学外国語学部英語学科の場合
「第一主専攻」と「第二主専攻 or 副専攻(※以降は便宜上『第二主専攻』と記載する)[22]」が設置されており、両方の科目を組み合わせて学ぶ。
第一主専攻」は英語学科独自で開講され、殆どの科目が英語で行われる。
①英語運用能力を養成する科目
(「Presentation Skills」「Academic Writing」など)
英語圏の文化・社会・言語を英語で学ぶ科目
(「British colonial and post-colonial culture in arts」「Film studies」「Topics in Linguistics」など)
で構成され、1・2年次に必修科目として週5コマ程度設置されている。加えて選択必修科目として、16単位以上を履修する。選択必修科目としては①②に加えて ③国際教養学部の科目 も一部開講されている (※②は主に2年次以降、①③は3年次以降に履修可能[23])。
第二主専攻」は外国語学部他学科 & 総合グローバル学部と共通で、以下の9領域が専門分野として主に日本語で開講されている。
北米研究ヨーロッパ研究ラテンアメリカ研究ロシア・ユーラシア研究言語研究アジア研究中東アフリカ研究国際政治研究市民社会国際協力論研究
「第二主専攻」①②⑤の科目と「第一主専攻」②の科目は一部重複している。「第二主専攻」の⑥~⑨は総合グローバル学部により開講される為、外国語学部生の履修には人数制限が設定されている。専門分野の登録は2年次後期に行うが、科目の履修は1年次から可能。①~④、⑥、⑦は対象地域を歴史宗教文学芸術表象政治経済産業などから多角的に考察する。⑧は国際政治学を中心に、外交政策比較政治学などを学ぶ。⑨は開発援助移民難民ジェンダー貧困ボランティアなどについて学ぶ。⑤は言語の構造を分析する「理論言語学」、人間のコミュニケーション活動について幅広く考察する「応用言語学」に大別される。更に「言語聴覚障害」や「日本語教育」に関する科目も設置されている。
また、他学部と共通のリベラル・アーツ科目郡「全学共通科目」が設置されている (※後述)。
 
獨協大学外国語学部英語学科の場合
英語学科独自の専門科目として、英語運用能力を養成する「英語科目」と「専門分野について学ぶ科目」で構成されている。
英語科目」は、必修科目として1年次に週6コマ設置されている。その後も2~4年次まで選択必修科目 (「Discussion」「Advanced Writing」など) として設置されており、自由に履修可能。授業を言語活動の場とすることで、Speaking / Writingの訓練をメインに行いながら総合的な英語力を養成する科目が中心。
専門分野」としては、1年次に各分野の概要を学ぶ科目が週2コマ設置されており、2年進学時に ①グローバル社会メディア・コミュニケーション文学・文化・歴史言語・教育 の4分野いずれかのコースに所属する。主に日本語で学ぶ講義科目に加え、英語で学ぶ「英語専門講読」(「Diplomacy and International Relations」「ハリウッド映画の社会学」「表象文化のシンボル」など) が設置されている。上記4分野に加えて、いずれのコースの学生も専門科目として履修できる ⑤コース横断科目 も設置されており、国際情勢について英語で学ぶ「Global Studies」や、諸テーマについて学際的に考察を行う「Pop Culture Studies」「Film Studies」「世界ブランド論」などの科目が開講されている。
関連分野」外国語学部他学科と共通で「外国語学部共通科目」と「交流文化論」の科目郡が設置されている。「外国語学部共通科目」では学部で扱う諸テーマ (「視覚文化」「フィールドワーク」など) に対し教員が学科の枠を越え輪講することで、複数視点の分析を行う[24]。「交流文化論」では、地域の枠を越えた文化・社会に関する考察を行う (「トランスナショナル・メディア論」「ツーリズム人類学」「東南アジアのナショナリズム」「移民・難民と日本社会」など)。
更に経済学部法学部国際教養学部と共通のリベラル・アーツ科目郡「全学共通カリキュラム」が設置されている (※後述)。

(Ⅰ) 上記2大学の英語学科は、学生の入学時点の英語力の水準が既に高く[25]、1年次の必修科目の中に、入門レベルの専門分野の講義を英語で受ける科目が既に設置されている。 (Ⅱ) 両大学とも、主要学部が単一キャンパスに集約されている総合大学である利点を活かし、全学部横断的な優れた「リベラル・アーツ科目郡」が設置されている。両大学のプログラムとも類似しており、人文科学社会科学人間科学自然科学に関する科目で構成されており、幅広い関連科目を学ぶことが可能。 ① 両大学とも、それぞれキリスト教 (上智大学)、哲学 (獨協大学) に根差した「人間学」を教育理念として有しており、上智大学においては、「キリスト教人間学」に関する科目郡が選択必修科目として設置されている。獨協大学においては原則、思想系の科目は必修として指定されていない[26]。 ② 獨協大学においては国際教養学部の専門科目である「日本語教師養成課程」を本プログラム内で履修可能。また「日本研究」に関する科目も豊富に設置されている。

  • 留学
異文化五感で感じる」「自らがマイノリティになる」など有益な学びを得られる機会として、本学部を持つ大学の多くが、学生の海外留学支援に力を入れている。国際教養学部同様に、留学を必須としている大学も多い (関西大学帝京大学など)。
その一方で、「留学は限られた学生にのみ可能な選択肢。留学しなくても学生生活の中で、高度な語学力や国際的視点を養える環境作りを行うべき[27]」(獨協大学)とし、正課教育や学内環境の充実に努める大学や、「語学は留学しなくても可能」とした上で、日本で学ぶメリットなどと共に「あえて留学しない選択[28]」(上智大学)も提示している大学もある。 

他学部との関係編集

外国語学部は、その学際的性質から他学部と、その意義や目的を混同されやすい[29]。しかし、その目的や教育内容は本質的に異なる。
前述の通り、上記学部とは対象領域が類似している。
特に、国際関係学部・教養学部・観光学部などとは、対象領域に加え、学際系リベラル・アーツというアプローチ方法も類似している。
しかし、以下の点において、これらの学部とは根本的な目的が異なると言ってもよい[30]
外国語学部が「豊かな教養に裏打ちされた語学力」[31]実用語学のエキスパートとしての専門性として各領域を学ぶのに対し、他学部は「実用語学は、あくまで専門分野をより深く理解するための1要素」[32]と位置付けている。[33]また外国語学部が「的確な言語運用能力を学びの土台」としているのに対し、他学部は「諸理論や研究方法に重点を置いている」という見方もある。[34]
国際基督教大学 (ICU)の様な英語教育が非常に充実している教養学部との比較においても同様であり、ICUにおける英語教育 (ELA : English for Liberal Arts Program) は高等教育機関における学びを英語で行える様になることを目的とした物で、特に読み書き (論文読解・作成) に重点が置かれ、主に1年次に集中して行われる[35]
一方、上智大学獨協大学の外国語学部英語学科では、グローバルビジネスなども含めた、世界のあらゆる場所で活用できる、より総合的な卓越した英語力の習得を目指している。「受動的言語活動 (Listening・Reading)[36]」「産出的言語活動 (Speaking・Writing)[37]」を基礎に、「相互行為活動[38]」「仲介活動[39]」などの応用訓練までが、4年間を通じて徹底して行われる[40]
外国語学部英語学科は、英語のみで教育を行う国際教養学部[41]と混同されやすい。
もともと英語のみで教育を行う高等教育機関は、上智大学国際部 (現・国際教養学部) が、米国の外交官や軍関係者の子女など、日本在住の英語母語話者に対して、英語による高等教育の機会を提供したのが始まりだった。[42]しかし2000年代半ば以降、国際教養大学を始め、多くの大学が一般の学生を対象に、英語のみのリベラル・アーツ教育を行う学部を乱立させている。
言語処理と思考は互いに干渉しあい、習熟レベルが十分でない外国語を使う際は、認知能力が低下する。 (外国語副作用)[43]その為、英語が学習言語 (CALP) として習熟していなければ、英語で学んでも効率的な知識の習得や、思考力の強化は期待できない。
一方、母語で学んだ思考概念を外国語に転移することは可能である。[44]また、それにより、成人でも母語で培った言語力を土台にして、自由に外国語を運用する能力を獲得することも可能である。[45]
対して、外国語学部では、実用語学のエキスパートとして、「豊かな教養・深い思考力」を身に付けることも目的としており[46]、日本語での教育・日本語能力 (母語) の養成も重視されている。 [47][48]

外国語学部をもつ日本の大学編集

専攻語として教授される主な言語編集

( )内は副専攻など。

専攻語として代表的なものでは英語ドイツ語フランス語スペイン語 (イスパニア語)中国語など。
国立大学では、大阪外国語大学を前身とする大阪大学外国語学部において、25言語もの専攻語数を擁している。また、私立大学では京都外国語大学が最多で、20言語(専攻8言語、第2外国語限定4言語、第3外国語限定8言語)に対応した履修システムを設けている。
また、日本語教育を目的とする日本語学科を設置している大学もある。
今のところヘブライ語学科やアラム語学科を設置している大学はなく、またギリシア語学科やラテン語学科もあまり存在していない。

あ行編集

  1. アラビア語 - 東京外国語大学、大阪大学 (獨協大学、 神田外語大学、京都外国語大学)
  2. イタリア語 - 大阪大学、東京外国語大学、京都外国語大学、京都産業大学 (神戸市外国語大学、獨協大学、 神田外語大学、麗澤大学)
  3. インドネシア語 - 東京外国語大学、神田外語大学、南山大学、京都産業大学、摂南大学、大阪大学(神戸市外国語大学、京都外国語大学)
  4. ウルドゥー語 - 東京外国語大学、大阪大学
  5. 英語 - 東京外国語大学、愛知県立大学、神戸市外国語大学、北九州市立大学、札幌大学、北海道文教大学、大東文化大学、獨協大学、目白大学、神奈川大学、明海大学、神田外語大学、麗澤大学、南山大学、上智大学、拓殖大学、帝京大学、京都外国語大学、京都産業大学、関西外国語大学、関西大学、摂南大学、長崎外国語大学、朝鮮大学校、名城大学、大阪大学
  6. オランダ語 - 長崎大学多文化社会学部オランダ特別コース (京都外国語大学)

か行編集

  1. カンボジア語 - 東京外国語大学
  2. ギリシア語 - (大阪大学、獨協大学、 京都外国語大学、京都産業大学)

さ行編集

  1. スペイン語(イスパニア語) - 東京外国語大学、愛知県立大学、神戸市外国語大学、神田外語大学、上智大学、拓殖大学、帝京大学、神奈川大学、南山大学、京都外国語大学、京都産業大学、関西外国語大学、摂南大学、麗澤大学、大阪大学(獨協大学、長崎外国語大学)
  2. スウェーデン語 - 大阪大学
  3. スワヒリ語 - 大阪大学(京都外国語大学)

た行編集

  1. タイ語 - 東京外国語大学、神田外語大学、麗澤大学、大阪大学(獨協大学、 京都外国語大学)
  2. チェコ語 - 東京外国語大学
  3. 中国語 - 東京外国語大学、愛知県立大学、神戸市外国語大学、北九州市立大学、北海道文教大学、大東文化大学、目白大学、神奈川大学、明海大学、神田外語大学、麗澤大学、拓殖大学、帝京大学、南山大学、京都外国語大学、京都産業大学、関西大学、摂南大学、長崎外国語大学、大阪大学(獨協大学、関西外国語大学)
  4. 朝鮮語(韓国語) - 東京外国語大学、目白大学、神田外語大学、帝京大学、京都産業大学、大阪大学(神戸市外国語大学、獨協大学、京都外国語大学、麗澤大学)
  5. デンマーク語 - 大阪大学
  6. ドイツ語 - 東京外国語大学、愛知県立大学、獨協大学、麗澤大学、上智大学、帝京大学、京都外国語大学、京都産業大学、南山大学、長崎外国語大学、大阪大学(神戸市外国語大学、神田外語大学、関西外国語大学)
  7. トルコ語 - 東京外国語大学、大阪大学(獨協大学、 京都外国語大学)

な行編集

  1. 日本語 - 東京外国語大学、北海道文教大学、大東文化大学、目白大学、明海大学、麗澤大学、京都外国語大学、京都産業大学、長崎外国語大学、朝鮮大学校、大阪大学(獨協大学)

は行編集

  1. ハンガリー語 - 大阪大学
  2. ビルマ語(ミャンマー語) - 東京外国語大学、大阪大学
  3. ヒンディー語 - 東京外国語大学、大阪大学(京都外国語大学)
  4. フィリピン語(タガログ語) - 東京外国語大学、大阪大学
  5. フランス語 - 東京外国語大学、愛知県立大学、獨協大学、上智大学、帝京大学、名古屋外国語大学、南山大学、京都外国語大学、京都産業大学、長崎外国語大学、大阪大学(神戸市外国語大学、神田外語大学、関西大学、麗澤大学)
  6. ベトナム語 - 東京外国語大学、神田外語大学、大阪大学(京都外国語大学、京都産業大学)
  7. ヘブライ語 - (獨協大学)
  8. ベンガル語 - 東京外国語大学
  9. ペルシア語 - 東京外国語大学、大阪大学
  10. ポーランド語 - 東京外国語大学(神戸市外国語大学、京都産業大学)
  11. ポルトガル語 - 東京外国語大学、神田外語大学、上智大学、京都外国語大学、大阪大学(神戸市外国語大学、獨協大学、 京都産業大学)

ま行編集

  1. マレーシア語 - 東京外国語大学、摂南大学
  2. モンゴル語 - 大阪大学、東京外国語大学

ら行編集

  1. ラオス語 - 東京外国語大学
  2. ラテン語 - (大阪大学、獨協大学、 京都外国語大学、京都産業大学)
  3. ロシア語 - 東京外国語大学、神戸市外国語大学、札幌大学、上智大学、京都産業大学、大阪大学(獨協大学、 神田外語大学、京都外国語大学、関西外国語大学)

脚注編集

  1. ^ 上智大学
  2. ^ 獨協大学
  3. ^ 大阪大学
  4. ^ 東京外国語大学、および大阪大学獨協大学上智大学外国語学部の学位授与方針より
  5. ^ 東京外国語大学、および大阪大学、獨協大学、上智大学外国語学部の学位授与方針・教育目標
  6. ^ 大阪大学外国語学部カリキュラムポリシー、アドミッションポリシー
  7. ^ 東京外国語大学、および大阪大学、獨協大学、上智大学外国語学部の学位授与方針のトップ項目として挙げられている
  8. ^ (Cognitive/Academic Language Proficiency
    自分の考えを相手に伝え、相手の考えを理解する為の言語使用。仮説・推論・一般化・分類など抽象的な事柄を考えていかなければならない為、認知的負荷が高い。第二言語学習者は取得に5~7年必要。 サイト「旅する応用言語学」より)
  9. ^ (Basic Interpersonal Communication Skills
    高い認知能力を必要とする物ではなく、挨拶・買い物・道案内など日常の生活に密着した言語使用。相手が目の前にいることが前提で、身ぶり手振りでも意味が伝わる。第二言語学習者は2年程度で習得可能。サイト「バイリンガルの学力不振の謎」より)
  10. ^ ただし、授業外の自習設備などでサポートされているケースは有り。獨協大学ICZなど
  11. ^ 東京外国語大学および、大阪大学、上智大学、獨協大学外国語学部 各カリキュラムより
  12. ^ 神田外語大学関西外国語大学など 英語専攻の場合 第2外国語の必修単位数が非常に少ない。もしくは無し
  13. ^ 獨協大学 入学案内パンフ2018
  14. ^ engadget 2017.4.15「人を越えた機械翻訳は通訳の仕事を奪うのか」microsoft社 オリヴィエ氏による
  15. ^ 東京外国語大学、および大阪大学、獨協大学、上智大学外国語学部の学位授与方針の中に「専門知識を有していること」が含まれている
  16. ^ 上智大学外国語学部 HPより
  17. ^ 愛知県立大学北九州市立大学神戸市外国語大学など
  18. ^ 旧 外国語学部比較文化学科
  19. ^ 旧 外国語学部言語文化学科
  20. ^ 東京外国語大学、および大阪大学、獨協大学、上智大学外国語学部のカリキュラム・ポリシー、およびカリキュラム表
  21. ^ 東京外国語大学の6コース制、獨協大学外国語学部の全学共通カリキュラム・外国語学部共通科目・交流文化論、上智大学外国語学部の研究コース「各大学のホームページ情報、およびカリキュラム表より」
  22. ^ どちらで登録するかで卒業に必要な単位数が異なる。どちらも導入科目6単位に加え「第二主専攻」の場合はコア科目20単位以上・演習科目・卒論が必要。「副専攻」の場合はコア科目10単位のみ
  23. ^ 旧カリキュラムでは①は「英語・英語圏研究科目」②③は「3・4年次英語科目」として全て3年次以降に各8単位づつ履修する選択必修科目だった
  24. ^ ITスキルに関する科目も設置されている。
  25. ^ 高校生新聞onlineマナビ最前線2015.8.10「獨協大学の英語学科は英語『を』学ぶのではなく英語『で』学ぶ場」
  26. ^ 国際教養学部のみ「哲学」が必修として指定されている
  27. ^ 獨協大学の国際化推進に関するビジョン2018
  28. ^ 上智大学外国語学部フランス語学科「留学する?しない?」
  29. ^ 進路ナビ「外国語学部と文学部の違いって?」
  30. ^ 学部・学科選びトラの巻 (東進)
  31. ^ 獨協大学ホームページ「英語学科紹介」
  32. ^ 慶應義塾大学ホームページ「英米文学科紹介」
  33. ^ 早くから外国語学部を擁していた上智大学獨協大学は「文学部では目的を達成するに不十分」として、別個に設置している。また、大阪大学も2007年10月の大阪外国語大学との統合以降は特に目立った統廃合を行うことなく既存の文学部と外国語学部を別々に設置している。(ただし大阪大学は大学院大学であるため、外国語学部教員の所属組織については異動や新設などがなされた。)
  34. ^ 上智大学ホームページ 学部Q&A「総合グローバル学部は、外国語学部とどのような違いがあるのですか?」
  35. ^ 国際基督教大学 HPより
  36. ^ Receptive Activities
  37. ^ Productive Activities
  38. ^ interactive activities
  39. ^ mediating activities 翻訳通訳など
  40. ^ 各大学 HPより
  41. ^ 国際教養大学 (秋田) ホームページ
  42. ^ 上智大学ホームページ FLA紹介
  43. ^ 2014日本認知科学会 高野陽太郎 (東京大学)
  44. ^ 「相互依存仮説」(日本語教師のページ ARC Academyより)
  45. ^ 「早期教育の光と影」より 今井むつみ (慶應義塾大学)
  46. ^ 東京外国語大学アドミッションポリシー、および大阪大学外国語学部カリキュラムポリシー
  47. ^ 「高レベルの英語のみならず、国語も」獨協大学ホームページ「英語学科 求める学生像」より
  48. ^ 上智大学外国語学部Q&A「母語である日本語能力を磨くこと」、およびカリキュラム・ポリシー「日本語、および外国語の高度な運用能力」

関連項目編集