メインメニューを開く

瀬戸山 正二(せとやま しょうじ、1965年1月25日 - )は、宮崎県出身の元ビーチバレー選手。現在は日本ビーチバレーボール連盟理事長、日本ビーチ文化振興協会理事長、一般社団法人川崎ビーチスポーツクラブ理事長[1]

瀬戸山 正二
Shoji Setoyama
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1965-01-25) 1965年1月25日(54歳)
出身地 宮崎県
ラテン文字 Shoji Setoyama
選手情報
所属 川崎ビーチスポーツクラブ
役職 理事長
テンプレートを表示

来歴編集

日本体育大学在学時まではインドアでスパイカーとして活躍。

卒業後は高校教員を務めるが、大学の先輩である川合俊一ロサンゼルスを旅した際にビーチバレーと出会い、プロビーチバレー選手に転向。

1992年、川合らとともにPVC(現PVA)を発足。国内外を転戦してタイトルを多く獲得。

1996年には高尾和行とのペアでアトランタオリンピックに出場。

1999年現役引退。

2000年、シドニーオリンピックビーチバレー日本代表監督を務め、佐伯美香高橋有紀子ペアを4位に導いた。

2008年北京オリンピックでも日本代表監督を務める。

2013年、一般社団法人川崎ビーチスポーツクラブを設立し、理事長に就任。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 組織概要 一般社団法人川崎ビーチスポーツクラブ

外部リンク編集