メインメニューを開く

瀬木 直貴(せぎ なおき、1963年 - )は、日本映画監督、TV・CFディレクター。三重県四日市市出身[1]立命館大学文学部卒業[2]。みえの国観光大使[3]・四日市市観光大使[1]・明和町観光大使・福島県しゃくなげ大使[4]・宇佐市観光交流特別大使[5]。2008年市制111周年記念 四日市市民文化奨励賞受賞[6]

せぎ なおき
瀬木 直貴
生年月日 1963年
出身地 日本の旗 日本三重県四日市市
職業 映画監督、TV・CFディレクター
事務所 ソウルボートプロダクション
公式サイト http://soul-boat.com/
主な作品
映画
恋のしずく』(監督)

目次

人物編集

立命館大学文学部日本史学専攻在学中、京都東映太秦映画村でアルバイトをしたことがきっかけで映画の世界に興味を持つようになった。1987年大学卒業後、映像制作プロダクションに就職。その後映画監督の道を志し退社した。

退社後は市川崑監督作品制作などに参加。演出家ディレクターとしての修行を重ね、2000年映画制作会社ソウルボートプロダクションを設立し、現在に至る。

作品編集

映画編集

  • 『菜の花』(監督、岩波映画、公開年 1996年文化庁優秀映画作品・教育映画祭優秀作品賞
  • 『お〜い!』(監督、岩波映画、公開年 1997年
  • 『坂の上のマリア』(監督・脚本、「坂の上のマリア」製作上映委員会、公開年 2001年
  • 『いずれの森か青き海』(監督・脚本、「いずれの森か青き海」製作上映委員会、公開年 2003年
  • 『千年火』(監督、「千年火」製作上映委員会、公開年 2004年)第十一回京都キンダーフィルムフェスティバルグランプリ受賞
  • Watch with Me -卒業写真-』(監督、「Watch with Me -卒業写真- 製作委員会、公開年 2007年
  • 『KIZUKI』(監督・脚本、「KIZUKI」製作委員会、公開年 2008年
  • 春色のスープ』(監督、第20回全国生涯学習フェスティバル実行委員会・楽映舎、公開年 2008年)
  • ラーメン侍』(監督、「ラーメン侍」製作委員会、2011年
  • 『グッドラック〜恋結びの里〜』(監督、菰野ムービー製作上映委員会、2012年
  • ROUTE42』 - 高岡蒼佑主演(監督、「ROUTE42」製作上映委員会、2012年)
  • カラアゲ☆USA』 - 高橋愛主演(監督、「カラアゲ☆USA」製作上映推進委員会、2014年)
  • マザーレイク』(監督、「マザーレイク」製作委員会、2016年)
  • 恋のしずく』 - 川栄李奈主演(監督、映画「恋のしずく」製作委員会、2018年10月13日広島県先行公開[7] / 2018年10月20日全国公開予定[8]ブロードメディア・スタジオ[9]
  • 『いのちスケッチ』(監督、2019年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 三重県|県政だよりみえ:平成24年10月号知事対談【第4回】瀬木直貴さん”. 三重県 (2012年). 2018年7月28日閲覧。
  2. ^ 映画「Mother Lake」完成披露試写会~琵琶湖の自然を舞台に~ |立命館大学”. 立命館大学 (2016年4月20日). 2018年7月28日閲覧。
  3. ^ みえの国 観光大使のご紹介 - 観光三重”. 三重県観光連盟 公式サイト. 2018年7月28日閲覧。
  4. ^ 平成24年度 しゃくなげ大使の活動について - 福島県ホームページ”. 福島県 (2014年12月16日). 2018年7月28日閲覧。
  5. ^ カラアゲ USA先行上映開始(平成26年9月6日) - 宇佐市ホームページ”. 宇佐市 (2014年9月8日). 2018年7月28日閲覧。
  6. ^ 広報よっかいち 2008年11月上旬”. 四日市市役所. 2018年7月28日閲覧。
  7. ^ 川栄李奈の映画初主演作は日本酒映画!映画『恋のしずく』公開日決定&ポスタービジュアル解禁!”. CINEMATOPICS (2018年7月26日). 2018年7月27日閲覧。
  8. ^ 大杉漣さん遺作、10・20公開へ ポスタービジュアルにも登場 川栄李奈主演作『恋のしずく』”. Web東奥(東奥日報社) (2018年7月26日). 2018年7月27日閲覧。
  9. ^ 川栄李奈がリケジョの酒造りと恋描く「恋のしずく」で映画初主演、相手役は小野塚勇人”. 映画ナタリー. ナターシャ (2017年9月12日). 2017年9月12日閲覧。

外部リンク編集

  • ソウルボート - 瀬木直貴が主宰するソウルボートの公式ホームページ