メインメニューを開く

マザーレイク』は、2016年公開の日本映画である。

マザーレイク
監督 瀬木直貴
脚本 作道雄
出演者 内田朝陽
鶴田真由
高橋メアリージュン
別所哲也
音楽 JABBERLOOP
製作会社 映画「マザーレイク」製作委員会
公開 2016年
上映時間 95分
製作国 日本の旗
言語 日本語
テンプレートを表示

「第57回ズリーン国際映画祭」の正式招待作品に選出された。

ストーリー編集

『あの日 僕らが見たものは 真実か、幻か――。』

2036年、世界的写真家となった藤居亮介が故郷である滋賀県琵琶湖に帰ってきた。彼が向かったのは、自身の写真が展示される博物館。そこで旧友の田中賢人と再会する。賢人は恐竜の模型を作成していた。それは、かつて『ビワッシー』ともてはやされた想像上の動物だった。20年前、11歳の亮介は『ビワッシー』の実在を信じて、その真実を求めて奔走した。しかし、亮介は一切の思いを封印してしまったのだ。当時、夏休みの自由研究の為、琵琶湖に浮かぶ沖島を目指し、ビワッシーを求めた冒険の日々と、その秘密を亮介は語りだす。

登場人物編集

藤居亮介
演 - 内田朝陽福家悠(子供時代)
本作の主人公。2036年では、国際写真賞を受賞するなど有名なカメラマンとなっている。2016年では、11歳で滋賀県の小学校に通う。夏休みに入り、自由研究の為、沖島を目指すが、そこで謎の生物「ビワッシー」を偶然にも目撃してしまう。
父親を尊敬しているが、最近の荒れた態度に遠慮がちに接してしまう。咲の男勝りな態度に最初は困惑するが、次第に惹かれるようになる。カメラマンだった亡き母親である有美子のことも尊敬している。
西島咲
演 - 高橋メアリージュン田中咲彩(子供時代)
本作のヒロイン。沖島に住む、全校児童8人の小学校に通う11歳。賢人の親戚であり、沖島にやって来た亮介らの自由研究に協力する。男勝りな所はあるが、優しく、真っすぐな性格。2036年では小学校の教員となっており、大人の穏やかな雰囲気を持つ女性に成長している。
藤居園
演 - 鶴田真由
亮介の伯母であり、潤の姉。スーパーで働き、家計を助けている。亮介を優しく見守り、父である潤との関係があまり、上手くいっていないことを心配しているが、夫や子供など本人の家庭は一切描写されない。
藤居潤
演 - 別所哲也
亮介の父親。テレビ局のカメラマン。納得できる仕事ができておらず、上司とも家族とも上手くやれていなく荒れた日々を過ごしている。妻である有美子を亡くしてから、姉である園に家庭を頼りきっている。
田中賢人
演 - 森本のぶ松田崚佑(子供時代)
亮介の同級生。2036年では博物館の職員。2016年では亮介と共に自由研究を行うため、沖島へ行き行動を共にする。咲とは親戚関係であり、沖島の案内を依頼する。
茶谷有二郎
演 - BOSS戸田
咲の祖父で漁師。65年間沖島に住んでいるがビワッシーは見たことがない。
雲林院一平
演 - 木ノ本嶺浩
博物館の職員として、亮介の写真を展示するなどの仕事を行っている。
北相模早苗
演 - 高橋ユウ
亮介の通う小学校の担任の教師。厳しく生徒を叱る場面もあるが、優しい教師。
木下博文
演 - 津田寛治
潤の上司でワイドショーなどの番組を手掛けているテレビ局プロデューサー。亮介らの話を聞いて、ビワッシーのニュースを報道する。しかし、そのブームを維持するため、内容をねつ造するなど少々問題のある行動も行う。
大友幸隆
演 - 斉木しげる
亮介の写真を展示する博物館の館長。亮介と、その父である潤の写真、親子共演で展示できることを喜んでいる。
武田首相
演 - 大和田伸也
日本の総理大臣。滋賀県でブームとなっているビワッシーに関して地域活性化への寄与を期待していると報道陣に話す。
辻出順一
演 - 辻岡正人
テレビ局ディレクター。プロデューサーの木下と結託し潤をいびる。
十二里崇洋
演 - 川本勇
巡査部長。沖島の警察官一円の上司。一円の迂闊なマスコミ対応を叱責する。
一円信司
演 - 月亭太遊
沖島の警察官。木下らの取材で琵琶湖で謎の生物を見たと話してしまい上司の十二里に叱責されるも、亮介や咲らの行動をサポートする。
演 - 森本のぶファミリーレストラン斉藤一平おみのじんや由美佳竹邑貴司木ノ本嶺浩

スタッフ編集

関連商品編集

テレビ放送編集

外部リンク編集