瀬谷 勇次郎(せや ゆうじろう、1870年(明治3年3月[1][2]) - 1938年(昭和13年)2月26日[2])は、明治から昭和時代戦前の政治家実業家貴族院多額納税者議員

経歴編集

茨城県東茨城郡、のちの石塚町常北町を経て現城里町)出身[1]。瀬谷弥八郎の長男として生まれ、1904年(明治37年)家督を相続する[1]。農業を営む[1]

1894年(明治27年)以降、茨城県茶業組合連合会議員、同県煙草耕作連合会副会長、同県山林会評議員、茨城県会議員、参事会員のほか、石塚米穀市場、常盤砂利、石塚繭糸市場各社長、常陸銀行[注 1]、千代田肥料、茨城鉄道などの取締役を歴任した[2]

1926年(大正15年)7月には茨城県多額納税者として貴族院議員に互選され、1932年(昭和7年)9月まで務めた[2]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 常陽銀行の前身行のひとつ。

出典編集

参考文献編集