火の女神ジョンイ

2013年の韓国のテレビドラマ

火の女神ジョンイ』(ひのめがみジョンイ、韓国語불의 여신 정이)は、2013年7月1日から2013年10月22日までMBC月火ドラマで放送された韓国テレビドラマ。全32話。

火の女神ジョンイ
出演者 ムン・グニョン
イ・サンユン
キム・ボム
ソ・ヒョンジン
チョン・グァンリョル
国・地域 大韓民国の旗 韓国
時代設定 李氏朝鮮
放送
放送期間2013年7月1日 - 2013年10月22日
放送時間火曜日 9時55分 -
回数32
テンプレートを表示
火の女神ジョンイ
各種表記
ハングル 불의 여신 정이
発音 プレ ヨシン チョンイ
日本語読み: ひのめがみじょんい
題: Goddess of Fire
テンプレートを表示

概要編集

時は16世紀後期の李氏朝鮮時代。朝鮮史上初の女性の宮廷陶工(沙器匠)となったユ・ジョンの、数々の苦難や自らの出生の秘密を乗り越えて沙器匠となり、日本に渡る決意をするまでの波瀾万丈な半生を、光海君との身分を超えたロマンスや文禄・慶長の役を交えて描く。

慶長の役の際に渡来し、九州で数百人もの陶工を指導し、" 有田焼の母 " とも称されるペク・パソン(百婆仙、1560年 - 1656年)をモデルとしている。

あらすじ編集

時は16世紀後半、第14代国王・宣祖が統治する李氏朝鮮時代。沙器匠(サギジャン)のイ・ガンチョン(チョン・グァンリョル)とユ・ウルタム(イ・ジョンウォン)は王命により、陶磁器製造所・分院(プノン)の最高官職・郎庁(ナンチョン)の座を駆けた勝負をする。2人が作った茶器はいずれも宣祖に気に入られたが、ガンチョンと仁嬪キム氏の罠によって無実の罪を着せられたウルタムは、分院から追放されてしまう。時を同じくして、沙器匠の助役ヨノクは女児を出産するが、師匠であるウルタムに娘を託して息絶える。ウルタムはヨノクの願いを胸に、彼女の娘をジョンと名づけて自分の娘として育てる。やがて、陶芸よりも弓の扱いや狩りに出るのに夢中のおてんば娘に育ったジョン(チン・ジヒ)はある日、山の中で光海君(ノ・ヨンハク)と出会い、生まれて初めての不思議な胸の高まりを感じる。そんな中、ジョンを育ててきたウルタムは分院に戻る機会を得るが、その先に待っていたのはガンチョンが放った刺客だった。突然の養父との死別を悲しむジョンは、ウルタムを侮辱するガンチョンの言葉を偶然聞き、自らが沙器匠となって養父の無念を晴らそうと決意する。だが、いくら腕があろうとも女性である以上、男性を差し置いてジョンが沙器匠への道を歩むのは容易ではなかった。それから数年後、男装して、テピョンと名乗っていたジョン(ムン・グニョン)は、光海君(イ・サンユン)と思わぬ再会を果たす。

出演編集

本作の主人公。分院の工抄軍。
養父ウルタムの死の謎を突き止め、無実を証明するために朝鮮一の沙器匠になることを決意する。
宣祖の次男。のちの李氏朝鮮第15代国王。
ユ・ジョンとシム・ファリョンの幼馴染。
実の兄のようにジョンを守り続け、密かに想いを寄せている。
シム・ジョンスの娘。ユ・ジョンとキム・テドの幼馴染。
幼い頃からテドに片想いしている。
分院の辺首(ピョンス)。イ・ガンチョンの息子。
李氏朝鮮第14代国王。
分院の郎庁。イ・ユクトの父。
ユ・ウルタムとユ・ジョンの陶芸の師匠。分院の元郎庁。
ユ・ジョンの養父。
ガンチョンの策略によって無念の死を遂げる。
宣祖の側室。信城君の母。
宣祖の長男。光海君の兄。
宣祖と仁嬪キム氏の息子。
吏曹判書。
宮中の権力を握っている。
分院の破器匠。シム・ファリョンの父。
ジョンの養父であるウルタムとは友人だった。
行首(ヘンス)。
商団を率いる凄腕の持ち主。のちにファリョンの師匠になる。

韓国国外での放送編集

日本

日本では、2015年5月27日から2015年7月22日までBSフジで毎週月曜日から金曜日の15:00 - 15:58に日本語吹替版が放送された(BSフジでの放送は全46回)。吹き替えを担当した声優は以下の通り。

※ BSフジのサイトより[1]

脚注編集

外部リンク編集

BSテレ東 韓ドラ☆10:55~12:00 枠
前番組 番組名 次番組
開封府 -北宋を包む青い天-
(2018.6.19 - 2018.9.6)
※中国ドラマ
イ・サン
(2018.3.2 - 2018.6.18)
火の女神 ジョンイ
(2018.9.7 - 2018.11.9)
馬医
(2018.11.12 - 2019.1.24)