火山作用

火山活動から転送)

火山作用(かざんさよう、英語: volcanism, volcanic activity)は、火成作用(かせいさよう、英語: igneous activity)のうちマグマが地表面・海底面・地殻表層部で引き起こす現象の総称である[1][2][3]

火山活動火山現象ともよばれる[1][2]。マグマや火山ガスの上昇、噴火・噴気、火山噴出物の放出・堆積溶岩の噴出・堆積、火山体や火山島の形成、火成岩の生成、火山性地震などが含まれる[1][2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. “火山作用” (日本語). コトバンク. 2020年7月9日閲覧。
  2. ^ a b c 精選版 日本国語大辞典. “火山活動” (日本語). コトバンク. 2020年7月9日閲覧。
  3. ^ 世界大百科事典 第2版. “火成作用” (日本語). コトバンク. 2020年7月9日閲覧。

外部リンク編集

  •   ウィキメディア・コモンズには、火山作用に関するカテゴリがあります。