メインメニューを開く

烈侯(れつこう、生年不詳 - 紀元前387年)は、中国戦国時代君主。名は取。景侯の子。紀元前400年、景侯が死去すると、後を嗣いで韓侯となった。紀元前397年聶政が韓の宰相の侠累を刺殺した。紀元前391年軍に宜陽を攻撃され、6邑を奪われた。紀元前387年、烈侯は死去した。在位13年。

烈侯
王朝
在位期間 前400年 - 前387年
姓・諱 韓取
諡号 烈侯
没年 紀元前387年
景侯

参考文献編集

先代:
景侯
の君主
紀元前400年 - 紀元前387年
次代:
文侯