焦国標1963年 - )は、中国の新聞学研究者、元北京大学助教授。中国共産党中央宣伝部を批判したため、大学を解雇された。

Voa chinese Jiao Guobiao 5apr05.jpg

中国人絶対神に対する信仰を持たず、悔悟することがなく、権謀や算術だけを行うようになり、中国社会は嘘話の体系の上で動くようになった、と主張している[1]

2005年7月14日中国人民解放軍少将朱成虎が、アメリカ台湾有事に介入した場合、中国核戦争も辞さないと発言し[2]、「世界の人口は無制限に迅速に増加している。今世紀中に爆発的増加の極限に到達するはずだ。しかし地球上の資源は有限なのだから、核戦争こそ人口問題を解決するもっとも有効で速い方法である」と核戦争を賛美する発言を行ったことを[3]、焦国標は、中国共産党は全面崩壊を目前に、文明世界宣戦布告する危険性があると批判した[2]

著書編集

  • 焦国標 『「中央宣伝部」を討伐せよ!』草思社、2003年8月25日。ISBN 978-4794213396 

脚注編集