草思社

日本の出版社

株式会社草思社(そうししゃ)は、日本出版社

草思社
正式名称 株式会社草思社
英文名称 Soshisha Publishing Co.,Ltd.
法人番号 7013301026870 ウィキデータを編集
代表者 代表取締役社長 久保田創
本社郵便番号 160-0022
本社所在地 東京都新宿区新宿1-10-1 文芸社ビル7階
資本金 3,600万円(720株)
従業員数 36人(2003年)
主要株主 文芸社(100%、2008年7月末時点)
関係する人物 加瀬昌男川島令三徳大寺有恒一色真理寮美千子
外部リンク soshisha.com
特記事項 2008年1月9日民事再生法の適用を申請。2008年6月11日再生計画を認可。2008年7月30日文芸社の完全子会社となる。
テンプレートを表示
渋谷区千駄ヶ谷に所在していた初代本社ビル(豊島区巣鴨移転後の2010年7月撮影)

概要編集

主として一般向けの人文社会科学系統の本を出版する。川島令三の『全国鉄道事情大研究』シリーズや徳大寺有恒の『間違いだらけのクルマ選び』シリーズの刊行で知られる[1]

2008年1月9日民事再生法の適用を申請[1]負債額は約22億5000万円[1]。162万部のミリオンセラーを記録した『声に出して読みたい』以降、50万部を超える書籍が出版できなかったことや、単行本だけを刊行していたことが影響しているという[1]。その後も営業は継続し、2月には再建計画を提出、同年7月30日より文芸社の完全子会社として再発足した[2]

2011年2月、文庫レーベル草思社文庫」を発足させた。

沿革編集

  • 1968年加瀬昌男によって設立される[1][3][4]
  • 1976年徳大寺有恒著『間違いだらけのクルマ選び』を刊行。続編も併せて100万部を超えるベストセラーとなる[要出典]
  • 2002年4月1日、創業者である加瀬が社長職を退き会長に就任。専務取締役の木谷東男が代表取締役社長に就任。
  • 2006年1月、年2回刊行されていた徳大寺有恒著『間違いだらけのクルマ選び』が終了。同『最終版』を出版。
  • 2007年12月、本社を移転し、Webマガジン「Web草思」の運営を停止[1]
  • 2008年1月9日、東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請[1]
  • 2008年6月10日、再生計画が認可される[5]
  • 2008年7月30日、再建策として文芸社全額出資となり、同社の完全子会社となる[2]。社長には文芸社取締役販売部長の古内敏章が就任した[2]
  • 2008年11月17日、豊島区巣鴨に本社を移転。
  • 2011年3月10日、新宿区新宿に本社を移転。

主な出版物編集

自社のPR雑誌『草思』を刊行している。

『間違いだらけのクルマ選び』以外のベストセラーとして、ポール・ケネディ大国の興亡』、クリフォード・ストールカッコウはコンピュータに卵を産む』、齋藤孝『声に出して読みたい日本語』、金完燮親日派のための弁明』、川島令三の『全国鉄道事情大研究』シリーズ、横田早紀江『めぐみ、お母さんがきっと助けてあげる』『めぐみ横田早紀江、母の言葉』などがある[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h 出版業界もはや危険水域 草思社だけでない「倒産予備軍」” (日本語). J-CAST ニュース (2008年1月10日). 2022年2月21日閲覧。
  2. ^ a b c 草思社、新社長に文芸社・古内取締役 加瀬会長、木谷社長は顧問” (日本語). 文化通信デジタル (2008年7月30日). 2022年2月21日閲覧。
  3. ^ 草思社” (日本語). 好きな書評家、読ませる書評。ALL REVIEWS. 2022年2月21日閲覧。
  4. ^ 【名古屋本店】草思社創立50周年記念フェア ポイント3倍! | 三省堂書店”. www.books-sanseido.co.jp. 2022年2月21日閲覧。
  5. ^ 官報第4828号24頁(平成20年5月15日)および官報第4855号22頁(平成20年6月23日)

関連項目編集

外部リンク編集