草思社

株式会社草思社(そうししゃ)とは日本出版社である。

草思社
正式名称 株式会社草思社
英文名称 Soshisha Publishing Co.,Ltd.
代表者 代表取締役社長 古内敏章
本社郵便番号 170-0002
本社所在地 東京都新宿区新宿五丁目3-15
資本金 3,600万円(720株)
従業員数 36人(2003年)
主要株主 文芸社(100%、2008年7月末時点)
関係する人物 加瀬昌男川島令三徳大寺有恒
外部リンク soshisha.com
特記事項 2008年1月9日民事再生法の適用を申請。2008年6月11日再生計画を認可。2008年7月30日文芸社の完全子会社となる。
テンプレートを表示
渋谷区千駄ヶ谷に所在していた初代本社ビル(豊島区巣鴨移転後の2010年7月撮影)

目次

概要編集

主として一般向けの人文・社会科学系統の本を出版している。川島令三の『全国鉄道事情大研究』シリーズや徳大寺有恒の『間違いだらけのクルマ選び』シリーズの刊行で知られる出版社。

2008年1月9日民事再生法の適用を申請。負債額は22億円(東京商工リサーチによる)。その後も営業は継続し、2月には再建計画を提出、同年7月30日より文芸社の完全子会社として再発足した。

2011年2月に、文庫レーベル、草思社文庫を発足させた。

沿革編集

  • 1961年加瀬昌男によって創業される。
  • 1968年2月22日、株式会社となる。
  • 1976年、徳大寺有恒著『間違いだらけのクルマ選び』を刊行。続編も併せて100万部を超えるベストセラーとなる[要出典]
  • 2002年4月1日、創業者である加瀬が社長職を退き会長に就任。専務取締役の木谷東男が代表取締役社長に就任。
  • 2006年1月、年2回刊行されていた徳大寺有恒著『間違いだらけのクルマ選び』が終了。同『最終版』を出版。
  • 2008年1月9日、東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請。
  • 2008年6月10日、再生計画が認可される。[1]
  • 2008年7月30日、再建策として文芸社全額出資となり、同社の完全子会社となる。
  • 2008年11月17日、豊島区巣鴨に本社を移転。
  • 2011年3月10日、新宿区新宿に本社を移転。

主な出版物編集

自社のPR雑誌『草思』を刊行している。

『間違いだらけのクルマ選び』以外のベストセラーとして、ポール・ケネディ『大国の興亡』[要出典]クリフォード・ストールカッコウはコンピュータに卵を産む[要出典]齋藤孝『声に出して読みたい日本語』[要出典]金完燮親日派のための弁明[要出典]、川島令三の『全国鉄道事情大研究』シリーズ[要出典]

他に横田早紀江『めぐみ、お母さんがきっと助けてあげる』・『めぐみ横田早紀江、母の言葉』などがある。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 官報第4828号24頁(平成20年5月15日)および官報第4855号22頁(平成20年6月23日)

関連項目編集

外部リンク編集