メインメニューを開く

熊谷 元実(くまがい もとざね)は、江戸時代初期の武士毛利氏家臣で長州藩士。安芸熊谷氏の末裔。

 
熊谷元実
時代 江戸時代初期
生誕 慶長18年(1613年
死没 貞享2年4月20日1685年5月22日
別名 通称:忠三郎
官位 主計
主君 毛利秀就綱広吉就
長州藩
氏族 藤姓宇都宮流宍戸氏桓武平氏国香流熊谷氏
父母 父:宍戸広匡、母:穂井田元清の娘
兄弟 宍戸就尚元実
正室:杉重政の娘
宍戸就附就実宍戸就延隆将
テンプレートを表示

生涯編集

慶長18年(1613年)、宍戸広匡の次男として生まれる。

寛永3年(1626年)、長州藩主・毛利秀就の命で、杉重政の娘(熊谷元貞の従姉妹)を妻に迎え、熊谷主膳正の死後に空席となっていた熊谷氏家督を相続した。

実家の宍戸氏に後継者がなかったため、長男の就附に宍戸氏の家督を継がせたが、延宝4年(1676年)に就附が早世したため、その弟である就延に宍戸氏の家督を継がせた。末子の隆将は熊谷氏の故地である安芸国三入庄に戻り、帰農した。

貞享2年(1685年4月20日に死去。享年73。次男の就実家督を相続した。

参考資料編集