熊谷 堅直(くまがい かたなお、永享2年(1430年) - 文明10年(1478年))は室町時代後期の安芸武田氏の家臣。父は熊谷信直[1]。子に熊谷宗直[1]、直次[1]、助三郎[1]、直綱[1]。通称は二郎三郎[1]、二郎左衛門[1]、法名電景[1]。官途は美濃守[1]

1438年に9歳で家督を継いだ。しかし、一時期だけ、父・信直の命で姉の「こら」に家督を譲っている。

ゆづりわたす しょうりょう等の事 あき国三入しんしゃう分之内 みとりみの上らのあと右件所領は
信直先祖より さうてんの地なり しかるを 息女こらに 一期の間ゆつり あたふる所なり 御公事等は
下地のふんきんによて つとめらるへく候 仍為後 ゆつり状如件

永享十年 八月十五日  信直
(熊谷家文書第242号)

安芸武田氏に従い、大内氏との戦いに明け暮れた。1461年の9月には武田信賢より、河内国への出陣を要請されている。1465年8月の安芸国国府の戦いでは、息子の宗直を引き連れて参戦している。この戦いで大内方は陶弘正が討死している。

1478年伊勢ヶ坪城で死去。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i 今井尭ほか編 1984, p. 335.

参考文献編集

  • 今井尭ほか編『日本史総覧』3(中世 2)、児玉幸多小西四郎竹内理三監修、新人物往来社、1984年3月。全国書誌番号:84023599ISBN 4404012403NCID BN00172373OCLC 11260668ASIN B000J78OVQ

関連項目編集

先代:
熊谷信直
安芸熊谷氏歴代当主
1438 - ?
次代:
熊谷宗直