メインメニューを開く

熱血飲料(ねっけついんりょう)は、1991年よりサントリーフーズから発売されていた清涼飲料水である。

概要編集

白地に赤い稲妻状の塗り分けが施されていた缶容器を採用していた。またカロリー燃焼成分とうたわれたオクタコサノールを含み、少し赤味がかった液色をしていた。味はのちの後続商品DAKARAと類似しており、成分自体も同じく類似している。

イメージキャラクター編集

奥田古佐典(おくたこさのり、オクタコサノールより)なる新聞記者の青年が熱血飲料を飲むことで「熱血キッド」に変身、巨大な悪の組織に敢然と立ち向かうという、古典ヒーローを髣髴とさせるイメージキャラクターを採用し、東京バナナボーイズの歌う主題歌(CMソング)『熱血キッドの唄』とともに話題となった。
奥田古佐典(熱血キッド)を唐沢寿明、ヒロイン“かすみ”を中村通代、悪の大魔王ドクトル・ド・ツィータ・ルドを麿赤児が演じた。

関連商品編集

  • 鉄骨飲料 - 同商品のCMソング『鉄骨娘』『風の鉄骨娘』も東京バナナボーイズが手掛けた。