熱音響効果(ねつおんきょうこうか)とは音波相互作用

概要編集

熱音響効果の原理は古くから知られていた[1][2]。熱が空気という流体そのものを振動させていて摩擦などの抵抗を伴う機械駆動する部分がないため、原理的に高効率でエネルギー転換が可能とされる[3]。廃熱を利用して冷熱を発生させることが可能か、各国で検討されている。

応用例編集

熱音響エンジン編集

熱音響エンジンも参照。熱音響効果によって作動する[4][5]

熱音響冷却編集

音が細い穴を通過するフィルター部(スタック)が2箇所設けられた熱音響を起こす管を環状にして連続的に発熱して、一方のスタックを加熱すると、管の中に進行音波が発生して管内を循環してもう一方のスタックでは音が吸熱反応が生じて、周囲から熱を奪う[3]

脚注編集

  1. ^ 富永昭, 「熱音響現象の理解とその応用」『日本物理学会誌』 55巻 5号 2000年 p.326-331, doi:10.11316/butsuri1946.55.326
  2. ^ 矢崎太一, 「熱音響現象の理解と応用を目指して(非線形波動の数理と応用)」『数理解析研究所講究録』 1483巻 2006年 p.110-111, 京都大学数理解析研究所
  3. ^ a b 「熱」を「音」にエネルギー機器の概念変える「熱音響」, http://www.nikkei.com/article/DGXBZO05347570X00C10A4000000/ 
  4. ^ 上田祐樹, 「熱音響発電機 熱から音波を発生させ,さらに音波を電力に変換する装置」『電気学会誌』 2008年 128巻 12号 p.812-815, doi:10.1541/ieejjournal.128.812, 電気学会
  5. ^ 畠沢政保, 杉田洋, 小川孝廣 ほか、「自動車用ガソリンエンジンの廃熱を利用して駆動する熱音響音波発生機の性能」『日本機械学会論文集 B編』 70巻 689号 2004年 p.292-299, doi:10.1299/kikaib.70.292, 日本機械学会

文献編集

関連項目編集

外部リンク編集