メインメニューを開く
群馬県片岡郡の範囲

片岡郡(かたおかぐん)は群馬県上野国)にあった

目次

郡域編集

1878年(明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、現在の行政区画では概ね以下の区域に相当する。

  • 高崎市(石原町、乗附町、寺尾町、聖石町、片岡町一 - 三丁目、八千代町一 - 四丁目および城山町一・二丁目の一部)

上野国で最も面積の小さい郡であった。

歴史編集

  • 711年(和銅4年)3月6日 - 一部の郡域から多胡郡が設置された(『続日本紀』巻5「三月辛亥割上野國(中略)片岡郡(中略)別置多胡郡」)

近代以降の沿革編集

 
41.片岡村(紫:高崎市 1 - 38は西群馬郡 -は東群馬郡)

参考文献編集

関連項目編集

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
群馬郡(第2次)