メインメニューを開く

牡蠣シチュー(かきシチュー、英語: Oyster stew)は、カキの入ったシチューアメリカ合衆国ガンビアで人気があるスープ料理である。

牡蠣シチュー
Oyster stew.jpg
種類 シチュー
発祥地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ガンビアの旗 ガンビア
主な材料 カキ (貝)
テンプレートを表示

ニューイングランド料理英語版では、牡蠣シチューは感謝祭と関連付けられ[1]南部料理ではしばしばクリスマスイブに用意される[2]

クリスマスイブに伝統的に食べられる牡蠣シチューには数多くの説明がなされてきた。ビル・ニール(Bill Neal)は、食品の冷蔵輸送が普及する以前は12月まで出荷に十分な寒冷な気候が保証されていなかったため、 「海岸から遠く離れた場所では、カキが冬の休暇の到来を告げる象徴となり、毎年12月24日のクリスマスイブまでに市場に届けられ、イブの夜の食卓に牡蠣シチューとして並んだ」と示唆した[3]。ステファニー・バトラー(Stephanie Butler)はアイルランド系カトリック移民がクリスマスイブに肉食をしなかったことから、代わりにクロジマナガダラ英語版のシチューを食べたことにちなむという別の説を提示し、「カキの味がクロジマナガダラの干物によく似た、海の味がして、しょっぱく、かなり噛みごたえのあるものでありうるので、クロジマナガダラのシチューのレシピが牡蠣シチューに適用された」ことを提示した[4]

アメリカ南部で食べられている牡蠣シチューは基本的に牛乳クリームを使う[3]。牡蠣シチューはオイスター・クラッカー英語版を添えて出されることが多く、(カキを使っているわけではないのに)オイスター・クラッカーという名前の由来になったという説がある[5]

牡蠣シチューはガンビア料理英語版でも人気の一品である。ガンビアのカキは沼のマングローブの根に生息する[6]

脚注編集

  1. ^ Lawrence, Marie W. (2011). The Farmer's Cookbook: A Back to Basics Guide to Making Cheese, Curing Meat, Preserving Produce, Baking Bread, Fermenting, and More. Skyhorse Publishing. p. 334. 
  2. ^ Bussemer, Dorothy L. (2009). “Oyster Stew with Mother”. In Szymanski, Helen. Christmas Traditions: True Stories that Celebrate the Spirit of the Season. Adams Media. p. 111. 
  3. ^ a b Neal, Bill (2009). Bill Neal's Southern Cooking. University of North Carolina Press. p. 14. 
  4. ^ Oyster Stew on Christmas Eve: An American Tradition”. History.com. 2018年11月15日閲覧。
  5. ^ What Are Oyster Crackers (And How Did They Get Their Name)?”. The Kitchn (2018年8月20日). 2018年11月15日閲覧。
  6. ^ Sweeney, Philip (1993). The Gambia and Senegal. Insight Guides. APA. OCLC 441021492. 

関連項目編集