牧 夏嶽(まき かがく、生年不詳 – 宝暦13年 8月22日1763年))は、江戸時代中期の日本の篆刻家である。

は世儀、を升菴、夏嶽はで室号に積小館がある。通称周平。

略伝編集

新興蒙所の門下で篆刻を学んだ。のちに蒙所の嗣子となって新興氏を名乗っている。門弟に佚山がいる。寛保元年に刊行された都賀庭鐘編集の『全唐名譜』の校正を行い、その刻印が掲載された。

出典編集

関連項目編集