メインメニューを開く

牧村 旬子(まきむら じゅんこ、1944年12月6日 - )は、日本歌手作曲家

経歴編集

7歳の頃からジャズシャンソンを米軍キャンプなどで歌い歩くうち、テイチクにスカウトされる。昭和36年、17歳の頃に「死ぬほど愛して」でレコードデビュー。 同年、石原裕次郎とのデュエットで知られる「銀座の恋の物語」が大ヒットとなった。当時の芸名は牧村旬子(まきむらみつこ)。その後、牧村純子(まきむらじゅんこ)→牧村旬子(まきむらじゅんこ)と改名した。

昭和38年、ポリドールに移籍。昭和52年フリーになる。「銀座の恋の物語」は今でもカラオケのスタンダードナンバーとして歌いつがれている。

現在、「ひとつの心」「振り向いてmy life」をCD発売、配信中。カラオケ配信中。

外部リンク編集