牧野 守(まきの まもる、1930年 - )は、日本の映画史研究家、映画製作者。日本映像学会映画文献資料研究会会員[1]

1930年樺太サハリン)に生まれる[2]文化学院出身[3]。映画誌『ユニ通信』や『キネマ旬報』にて連載「ガクノススメ」などを執筆[4]。一方、日本における映画史を確立しよう膨大な資料を収集。ドナルド・キーンの仲介で2007年コロンビア大学図書館に「マキノ・コレクション」[5]と呼ばれるその資料を譲渡[6]

著作編集

製作した映画編集

  • 黒い血のうずき (1964年)企画・監督を担当[8]

関連項目編集

  • 北川冬彦 - 第一芸文社から刊行された北川の「純粋映画記」を牧野が「日本映画論言説大系」のなかの十八巻として監修・復刊[9]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 当会HP
  2. ^ 外部リンクのHP「ミッキーの書式」の人物紹介
  3. ^ wikipedia 「文化学院の人物一覧」 参照
  4. ^ 外部リンクのHP「ミッキーの書式」の人物紹介
  5. ^ コロンビア大学図書館のホームページ
  6. ^ 外部リンクのHP「ミッキーの書式」の人物紹介
  7. ^ ゆまに書房HP
  8. ^ 外部リンク「ミッキーの書式」プロフィール、あるいは日本映画データベース
  9. ^ ジュンク堂サイト ジュンク堂でこの本が売られていることがわかる。

外部リンク編集