牧野成時 (関宿藩嫡子)

牧野 成時(まきの なりとき)は、江戸時代前期の下総国関宿藩の世嗣。通称は惣右衛門、兵部。官位従五位下美濃守

 
牧野成時
時代 江戸時代前期
生誕 寛文3年(1663年
死没 貞享4年9月27日1687年11月1日
改名 黒田直逵(初名)、牧野成住、成時
別名 惣右衛門、兵部(通称
官位 従五位下美濃守
下総関宿藩世嗣
氏族 黒田氏牧野氏
父母 黒田用綱都築為次養女
牧野成貞
兄弟 三十郎、中山直張正室、左京、黒田直常成時大河内信久正室
牧野安
テンプレートを表示

生涯編集

上総国久留里藩の藩祖にあたる黒田用綱の四男として誕生。母は都築為次の養女。初名は直逵。正室は牧野成貞次女・

徳川綱吉の側近として活躍した牧野成貞の養子となる。天和元年(1681年)12月に、成貞の次女・安と結婚、始めは成住と名乗る。

天和2年(1682年)12月14日に従五位下、同年に美濃守に叙任する。妻・は綱吉に望まれて大奥に入ったとも言われており、大奥入りした夜に切腹したとも、貞享4年(1687年)9月27日に食傷で死亡した(戸田茂睡「御当代記」)とも伝わる。

成時の没後は、成春(牧野氏家臣・大戸吉房の子)が養子となった。