黒田氏

日本の氏族

黒田氏(くろだし、旧字体黑田氏)は、武家華族だった日本の氏族のひとつ。

福岡藩主黒田氏の系統と久留里藩主黒田氏の系統は、江戸時代大名家となった。維新後前者は侯爵家、後者は子爵家に列した[1]

福岡藩主・黒田氏編集

黒田氏
(称・宇多源氏佐々木氏流)
 
黒田藤
本姓 宇多源氏佐々木氏流[2]
藤原氏?/赤松氏宇野氏小寺氏)?
種別 武家
華族侯爵
出身地 近江国伊香郡黒田村
播磨国多可郡黒田庄?
主な根拠地 ・近江国伊香郡黒田村
筑前国
著名な人物 黒田孝高
黒田長政
黒田継高
黒田長溥
支流、分家 秋月藩主家(武家)
東蓮寺藩主家(武家)
御家人 黒田久孝男爵
凡例 / Category:日本の氏族

黒田氏の起源編集

近世黒田孝高(官兵衛・如水)・長政父子が筑前国福岡藩を立藩した黒田氏は、その40年ほど後に作成された『寛永諸家系図伝』によると、戦国時代後期に活動した播磨国国人領主・黒田重隆まで遡ることができる。重隆は播磨の有力豪族・小寺氏に重臣として仕えた武将であり、孝高の祖父にあたる[3]。『寛永諸家系図伝』によると重隆以前は「此間中絶」となっており伝承されていなかったようであるが、それ以前の系譜として中世の間、近江国に勢力を持った佐々木氏京極氏)の分家筋である黒田氏の流れであると紹介している。

『寛永諸家系図伝』のさらに60年ほど後、福岡藩士・貝原益軒によって編纂された『黒田家譜』によると、黒田重隆の父として近江黒田氏出身者の高政(黒田重隆の父とされている)が新たに登場し、高政の代に近江を離れたとして近江黒田氏が福岡藩主黒田氏と同族であることの補説としている[2]

ただし、これらの近江黒田氏を福岡藩主黒田氏に結びつけるこの説は近世から疑問視する向きもあり[注釈 1]また初出史料が一般的に偽書とされる『江源武鑑』にあるものという指摘もあり[要出典][注釈 2]、歴史学者の諏訪勝則によると、現在では福岡黒田氏の起源を近江源氏に求める従来の説は慎重にならざるを得ないとしている[5]。また黒田長政が日光東照宮に寄進した石の鳥居には、「黒田筑前守藤原長政」と名前が掘り込まれていることから、長政が本姓藤原氏としていたことが分かり、家紋が藤原氏の使用する藤の紋を取り入れた黒田藤巴紋であることも整合性がとれる。この藤巴の紋は黒田家が播磨時代に仕えた主家、小寺家が用いた藤橘巴紋を継承しているともされる。江戸時代、近世大名となった黒田家は主に石餅(白餅、黒餅)紋を表紋としている。

黒田氏の来歴編集

黒田家の正史、『黒田家譜』によると、16世紀初め、近江源氏の分流佐々木氏流である黒田高政は近江を出奔して、同じ近江源氏の流れである越後国加地氏などを頼って備前国邑久郡福岡に移った。そして高政の子・重隆の時に播磨国に移り、同国の有力豪族である小寺氏に仕えた。近世になって成立した『夢幻物語』によると、重隆は家伝の目薬を製造・販売し、やがて土豪として成長したとされる。元から播磨地域の出身であり赤松氏一族に仕えた説など、数多くの説が近年の研究から唱えられている。

黒田重隆の子職隆赤松氏の一族である播磨の有力豪族・小寺氏に仕え、その養女を迎えて自らも小寺氏を称した。職隆の子・孝高は織田信長に従い、その重臣である羽柴秀吉の麾下に入った。その際、小寺氏が織田氏に敵対して衰退すると孝高は氏を黒田に復している。1587年天正15年)豊前国中津城主12万石となる。1600年関ヶ原の戦いで孝高・長政父子は徳川方につき、軍功により筑前国52万3千余石を与えられ、福岡藩を立藩。長政が初代藩主になった。以後黒田氏は代々福岡藩主となり国替もなく幕末に至る。二代忠之以降は代々松平筑前守の名を与えられた。黒田家宗家は第6代目藩主継高の時、息子二人が相次いで早世し後継問題に見舞われた。当初は継高の長女、藤子が嫁いだ岡山藩池田氏から外孫・長泰(後の相良長寛)を養子に迎える予定だったが、幕府の要請により治之一橋徳川家から養子に入った。その後も養子が続き、多度津藩京極氏薩摩藩島津氏伊勢津藩藤堂氏から迎えている。養子とする際は、正室を先代藩主の息女や縁類の娘とし、入婿とした[6]明治維新後は侯爵に列せられ大名華族となった。

なお、黒田孝高は有岡城の戦いから救出された後に有岡城の土牢で世話を受けた、利仁流加藤氏支流伊丹氏一族とされる加藤重徳の次男を養子に迎え、黒田姓を与えて黒田一成と名乗らせている。一成は関ヶ原の戦いで功績を残し、福岡藩立藩後には藩大老となり三奈木黒田家を起こし、明治まで代々、藩主に仕えた。このほか黒田姓を与えられた家には立花黒田家(初代は薦野増時)などがある。黒田家家臣団は俗に黒田二十四騎黒田八虎として知られる。

なお、1623年元和9年)、長政の三男長興は筑前国秋月藩5万石、四男高政は筑前国東蓮寺藩4万石が分与され、明治維新後は元秋月藩主は子爵、元東蓮寺藩主は男爵、藩大老三奈木黒田家当主は男爵に列せられた。

近江黒田氏編集

鎌倉時代末期、京極宗氏の弟とされる宗満近江国伊香郡黒田村に住み、黒田氏を称したのが始まりといわれる。この黒田氏は主に室町幕府将軍の奉公衆としての活動の記録が残っており、黒田高政が近江を離れたとされるよりも後の時代である天文年間まで存在が確認されるという。『黒田家譜』『寛永諸家系図伝』などによると、福岡藩主黒田家はこの末裔とされるが、先述の通り疑問視する向きも強い。

明石黒田氏編集

近年、明石藩士黒田家文書、『播磨鑑』には、黒田官兵衛孝高は押部庄黒田村 (現神戸市西区平野町黒田) の出身とする『本朝通紀長井定宗説が出てきた。これは播磨国明石藩松平家の家老職は代々黒田家であり、同姓である。がゆえに、古文書等の由緒書に、黒田氏の先祖は、播磨国明石郡黒田村の記述があるという。東播磨の一大土豪であった明石氏と黒田氏は、お互いの家に嫡子が絶えると養子を譲りあいながら家系を継いできたという。

西脇黒田庄説編集

江戸時代末期に兵庫県西脇市にある荘厳寺に奉納されたという伝承の『荘厳寺本黒田家略系図』によると、黒田氏は播磨の守護大名・赤松氏の分流であり、赤松則村の弟の円光の子である黒田重光という人物を祖とする。重光は室町時代初期にこの地を治めたとされ、以後代々播磨国多可郡黒田城(西脇市黒田庄町とされる)の城主として黒田氏は存続し、8代目黒田城主が黒田重隆になるとしている。9代目に黒田治隆が存在し、孝高(同系図によると孝隆)は治隆の弟となっている。なお、この黒田氏は治隆の代に合戦に敗れ滅亡したとされている。

従来説と大きく違うこの系図は、黒田孝高の祖父とされている黒田重隆が、祖父ではなく実父であるとしている。また、孝高の父とされている黒田職隆は孝高の養父となっており、黒田氏ではなく小寺氏の人物であるように記されている[注釈 3]。播磨国に近江源氏流とは違う黒田氏が当初より存在していたという説の論拠ともなりうる系図だが、江戸時代末期に作成されており歴史的史実と乖離する記述も多く散見されるため参考資料とする程度である。

系譜編集

凡例
1) 太字は宗家(福岡藩主家)当主、数字は代。1=福岡藩主、秋1=秋月藩主、東1=東蓮寺藩主、直1=直方藩主、三1=三奈木黒田家当主
2) 実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係。
※ 構成の都合で出生順より組み替え。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高政
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小寺政職
 
 
 
 
 
 
 
重隆
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩姫[注 1]
 
 
 
 
 
職隆小寺高友井手友氏松井重孝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
孝高(如水)利高利則直之
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
糸姫
 
福岡藩
長政1
 
栄姫
 
熊之助
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三奈木黒田家
一成三1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠之2
 
久姫
 
 
 
 
 
 
 
秋月藩
長興秋1
 
東蓮寺藩
高政東1
 
一任三2女子
 
久野重時[注 2]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光之3之勝東2
 
 
 
 
 
 
 
 
彦子[注 3]
 
 
勝子
 
一貫三3
 
 
一任
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
筑姫[注 4]綱之長寛東3綱政4直方藩
長清直1
富喜
 
長重秋2一春三4鶴子
 
野村祐春一利三5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
吉之
 
 
 
守山政則→宣政5
 
 
 
 
 
 
長軌秋3
 
 
 
 
 
 
 
長貞
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
継高6
 
 
長貞秋4
 
 
 
 
 
豊姫[注 5]
 
 
 
 
一誠三6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[注 6][注 7][注 8]重政
 
菊姫[注 9]
 
 
長経
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳川宗尹
 
 
 
 
 
 
 
 
 
屋世[注 10]
 
正姫
 
長邦秋5春姫
 
秋月種美
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳川治済治之7
 
 
 
 
 
 
艶姫[注 11]長恵秋6
 
 
 
此子[注 12]秋月種茂(種穎)
 
上杉治憲(鷹山)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
京極高幸→治高8[注 13]保姫
 
島津重豪
 
 
 
 
 
 
 
長堅
 
 
 
 
 
 
 
 
一興三7
 
隆庸(一庸)三8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳川家斉
 
茂子
 
 
 
 
長堅秋7
 
山内豊雍
 
 
秋月種徳長舒
 
女子
 
清定(一定)三9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
斉隆9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
島津斉宣長舒秋8
 
采子
 
 
 
秋月種任
 
 
藤堂高嶷[注 14]女子[注 15]溥整(一整)三10[注 16]
 
 
 
 
女子[注 17]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
斉清10
 
 
 
 
孝姫
 
島津斉興長韶秋9
 
 
 
 
 
山内豊策
 
藤堂高兌野村東馬[注 18]一雄三12[注 19]千代子
 
一美三11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
純姫
 
斉溥11
 
 
 
 
島津久光
 
 
 
 
雪子
 
秋月種殷
 
 
秋月種樹[注 20]藤堂高猷
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
慶賛12
 
 
 
豊子
 
島津忠義慶子
 
 
 
 
 
 
長元秋10
 
 
 
 
 
藤堂建若
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長和静男長成
 
清子山内豊福織田信民長義秋11長徳秋12
 
鏸子
 
 
 
 
一義三13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長義
 
 
 
 
 
長礼
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長敬
 
 
 
 
 
一弘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高正
 
 
 
 
 
長久光子[注 21]
 
 
 
 
 
 
 
 
長栄長美
 
 
 
 
 
一夫美治洋子[注 22]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長明長高
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長幹[注 23]
 
 
 
 
 
 
 
 
一敬

系譜注釈
  1. ^ 明石正風の娘。小寺政職養女
  2. ^ 久野重勝の子
  3. ^ 清光院。藤堂高通
  4. ^ 長女。宝厳院。酒井忠挙
  5. ^ 上杉綱憲の娘
  6. ^ 長女。宝源院。池田宗政室。二人の間に生まれた相良長寛の後、相良頼徳相良頼之池田章政池田詮政 ━ 池田博子 ━ 細川護貞細川護熙と続いている
  7. ^ 次女。心珠院。酒井忠温
  8. ^ 四女。松平定邦
  9. ^ 眞含院。島津継豊の娘。島津重豪は甥(継豊 ━ 重年 ━ 重豪)
  10. ^ 早世
  11. ^ 保科正率室。長政継室栄姫の兄である保科正貞の後、保科正景保科正賢保科正寿保科正富保科正率に至る
  12. ^ 山崎義俊
  13. ^ 治高の曽祖父である京極高豊の妻、市子は、酒井忠挙光之娘である筑姫の間の子だが、治高と筑姫との間に血縁関係はない
  14. ^ 藤堂高虎の異母弟高清の子孫。長興の娘、彦子との間に血縁関係はない
  15. ^ 黒田一修室
  16. ^ はじめ、加藤徳裕の養子となり、加藤家10代当主。加藤司書徳成の義兄(姉の夫)。加藤家の祖は、加藤重徳の長男吉成
  17. ^ 黒田直倫室
  18. ^ 福岡藩家老。慶応4年、乙丑の獄での勤王派弾圧の責任を負い、切腹
  19. ^ 第十七国立銀行(後の福岡銀行)の設立に携わる
  20. ^ 孫、英子の夫は武見太郎
  21. ^ 夫は山内豊秋山内豊策山内豊資山内豊静と続き、豊静の子が豊秋
  22. ^ 夫は板東英二
  23. ^ 秋月黒田家第15代当主。朝倉市秋月博物館名誉館長[8]
系譜出典
  • 維新史料編纂会編 『現代華族譜要』日本史籍協会、1929年1月15日、256-261頁。doi:10.11501/1879484  
  • 『新訂 寛政重修諸家譜 第七』続群書類従完成会、1965年1月30日、200-218頁。 
  • 国史大辞典編集委員会 『国史大辞典 第4巻』吉川弘文館、1984年2月1日。ISBN 4-642-00504-8 
  • 霞会館平成新修旧華族家系大成 上巻』吉川弘文館、1996年、563-569頁。 
  • 林洋海 『福岡藩』現代書館〈シリーズ藩物語〉、2015年7月15日。ISBN 978-4-7684-7137-1 
  • 企画展示 | 市美×市博 黒田資料名品展Ⅳ 藩主夫人が愛した文物 - 福岡市博物館
  • ふるさと人物誌7 秋月藩中興の祖 「黒田 長舒」(くろだ ながのぶ) - 福岡県朝倉市
  • 旧三奈木黒田家庭園パンフレット (PDF) - 福岡県朝倉市

播磨多可郡の黒田氏編集

赤松則村の家臣黒田宗信が、知行地の播磨国多可郡黒田庄(兵庫県西脇市黒田庄町黒田)に黒田城を築き、黒田氏を称した。黒田宗政が討ち死にして断絶したが、子の黒田治宗が播州の山中村に隠れ住み、後に別所則治に従って家を再興した。その三男の山中貞幸出雲尼子氏に仕え、貞幸の孫が山中幸盛である。山中幸盛の子で鴻池財閥の祖となる鴻池直文は、当初播州の黒田氏本家の養子となっていたという。この黒田氏は天正6年(1578年)に羽柴秀吉によって滅ぼされたとされる。鴻池直文の子の一人は、黒田氏を名乗っている。

なお、前述の福岡藩主・黒田氏の西脇黒田庄説の通り、黒田官兵衛とその子孫があまりにも有名なため、当の西脇市でもこの黒田氏は官兵衛の黒田氏であるとの伝承が地元でも古くからなされている[9]

下野黒田氏編集

佐々木氏流を称する黒田氏と同じく、京極宗氏の弟とされる宗満を祖とする。永禄3年(1560年)、近江国の戦国大名六角義治の推挙によって、黒田邦勝宇都宮広綱の家臣となっている。

系譜編集

凡例 太線は実子、細線は養子。
宗満定宗宗信高教 
 ┃
高宗    
 |
高信          
 ┃
清高政光光勝 
 ┃
信勝    
 ┃
勝秀          
 ┃
勝好 
 ┃
勝幸    
 ┃
邦勝          
 ┃
信勝 
 ┃
定勝    
 ┃

武蔵七党の一つ丹党の流れをくむ中山氏流が養子入りした黒田氏編集

黒田氏
(養子入りにより武蔵七党丹党中山氏流)
 
本姓 不明(中山氏は武蔵七党丹党中山氏流
種別 武家
華族子爵
主な根拠地 上総国
凡例 / Category:日本の氏族

この黒田氏は、元々は武蔵七党の一つ丹党の末裔である中山氏の出身である。中山氏は戦国時代後北条氏に仕え、後北条氏が滅亡した後には、中山照守らが徳川氏に属し、ある一族は旗本となり、また別の一族は水戸藩附家老となった。

近江国出身で徳川家康に仕えた黒田直綱は勲功を挙げたが二十代半ばで若くして没し、これに近藤用勝の六男黒田用綱を養子として家名を存続させた。上野館林藩徳川綱吉(のち5代将軍となる)の付家老として配属され3,000石を領した用綱には実子がいたが[注釈 4]、養子として外孫に当たる直邦中山照守の曾孫)を迎えた。直邦は儒学者荻生徂徠の弟子でもあり、のちには名君と呼ばれ、その人格も高く評価された。時の将軍綱吉にも気に入られ、舘林藩が幕府に再吸収された際幕府直臣となり、小納戸役小姓を務め、1700年元禄13年)1万石を領して黒田家は大名に列した。その後も奏者番寺社奉行を兼任するなどし、1703年(元禄16年)常陸下館藩主1万5,000石となり、次いで上野沼田藩主2万5,000石、さらに加増を受けて3万石の領主となる。1742年寛保2年)、直邦の養子の直純のとき上総久留里藩3万石に転封となった。藩財政には苦しみながらも、以降久留里藩主として明治まで存続する。なお上述の福岡藩主黒田氏とは酒井家を通じ血脈を受け継いでいる。

明治維新後、黒田家は子爵に列せられた。 菩提寺は中山氏と同じ、埼玉県飯能市飯能の能仁寺

系譜編集

太線は実子、細線は養子。
中山直張
  ┃
 直邦
  ┝━━━┓
 直純  直亨
      ┣━━━┓
     直英  直方
      ┃   ┝━━━┳━━━┓
     直温  直侯  直静  直古
          ┃       ┃
         直和      直養

常陸国の黒田氏編集

常陸国にも黒田氏がある。多賀郡黒田邑より起こっている。『梶原冬庵伝』に黒田八太夫、同八兵衛八之丞がいる[10]

その他編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 『黒田家譜』のさらに後に作成された『寛政重修諸家譜』では「代数なをいまだ足らざるに似たり。よりてしばらく旧きに従う」としてあえて系図を『寛永諸家系図伝』のまま掲載している[4]
  2. ^ 『江源武鑑』はその名の通り近江源氏についての俗説を多く収録しており、黒田高政もこの史料が初見であるという。
  3. ^ なお、職隆が黒田氏と署名している史料は存在し、(兵庫県史編集専門委員会 1987)に掲載されている[7]
  4. ^ 黒田用綱の実子の一人が牧野成貞の養子に入り牧野成時となっているが、若くして死去している。

出典編集

参考文献編集

関連項目編集