物部 広泉(もののべ の ひろいずみ)は、平安時代初期から前期にかけての貴族医官のち朝臣官位正五位下内薬正

経歴編集

伊予国風早郡(現在の愛媛県北条市)の出身で、のち平安京左京に住んだ。若い頃から医術を学び多くの医書に通じた[1]

天長4年(827年医博士典薬允に任ぜられ、のち淳和天皇侍医に遷任し伊予掾讃岐掾を兼ねた。仁明朝承和6年(839年従五位下に叙せられる。承和12年(845年内薬正を兼任すると、卒去までの約15年に亘って内薬正兼侍医を務めた。承和14年(847年内位の従五位下に昇叙される。

文徳朝では、斉衡元年(854年)に従五位上に叙せられると共に、同年首姓から朝臣姓へ改姓している。清和朝貞観元年(859年)正五位下に昇叙されるが、翌貞観2年(860年)10月3日卒去。享年76。最終官位は正五位下行内薬正兼侍医三河権守

人物編集

薬石(治療法)の道にかけては当時比肩する者がなかった。また、老いて髭や眉は真っ白になっても、皮膚に光沢があり身体はなお壮健であったという[1]。養生書『摂養要決』全20巻を著し、世の中に広まったとされるが[1]、現在は散逸して伝わらない。『金蘭方』の編纂者の一人ともされるが、これは偽選書に基づく誤り。

官歴編集

六国史』による。

脚注編集

  1. ^ a b c 『日本三代実録』貞観2年10月3日条

参考文献編集