「シャークノーズ」の版間の差分

mod word
(mod word)
'''シャークノーズ'''とは、[[アメリカ合衆国|アメリカ]]の[[ボールドウィン・ロコモティブ・ワークス]]が[[ペンシルバニア鉄道]](PRR)(PRR)のために製造した一連の[[キャブ・ユニット]]タイプの[[気動車・ディーゼル機関車の動力伝達方式|電気式]][[ディーゼル機関車]]の愛称である。そのデザインは、インダストリアル・デザイナーの[[レイモンド・ローウィ]]による。その名の通り、[[鮫]]の[[鼻]]のように尖った先頭形状を持つ。
 
同性能の機関車で、丸みを帯びた車体形状のものは'''ベビーフェース'''と呼ぶ。
 
 
== 解説 ==
シャークノーズと呼ばれる機関車は、3形式存在する。
 
* [[ボールドウィン DR-6シリーズディーゼル機関車]] - 旅客用機関車。'''パッセンジャー・シャークノーズ'''と呼ばれる。
* [[ボールドウィン DR-4-4-15形ディーゼル機関車]] - 貨物用機関車。'''フレート・シャークノーズ'''と呼ばれる。
旅客用の形式はPRRのみが所有し、貨物用の形式はPRR以外の鉄道会社、[[ニューヨーク・セントラル鉄道]](NYC)、[[ボルチモア・アンド・オハイオ鉄道]](B&O)、[[エルジン・ジョリエット・アンド・イースタン鉄道]]も所有した。
 
本タイプを購入した鉄道で、最後まで使用したのはNYCであった。使用を停止したあと、[[1967年]]に[[ノンガヘイラ鉄道]]に1両6,000[[アメリカ合衆国ドル|ドル]]で譲渡した。[[1972年]]にロードナンバー1205号・1216号の2両を除き、解体された。その2両も[[1976年]]にスクラップとして売却されたが、[[デラウェア・アンド・ハドソン鉄道]](D&H)がスクラップ業者より購入し、解体を免れた。<!--D&Hは、当時、[[アルコ]]の[[アルコ PA-1形ディーゼル機関車|PA-1形]]の最後の4両を運行していた。-->2両は[[ミシガン州]]のカストロライトが購入し、[[1978年]]からリース車両として[[ミシガン・ノーザン鉄道]]で使用された。<!--噂によれば、この2両はエスカナバ・アンド・レーク・スペリオル鉄道で20年以上に渡り、人目に触れずに保管されているという。--><!--年号は元項目により相違がある。[[ボールドウィン RF-16形ディーゼル機関車]]参照-->
 
'''シャークノーズ'''という名称は、1930年代から1940年代の流線型の[[自動車]]に付与された愛称である。その嚆矢は[[1936年]]の[[ウイリス]]のもので、[[第二次世界大戦]]が始まるまで製造された。この名称は[[1938年]]の[[グラハム・ペイジ]]の'''スプリット・オブ・モーション'''や1940年代の[[チャールズ・W・ナッシュ|ナッシュ]]のハドソンモデルでも使用された。
 
{{DEFAULTSORT:しやくのす}}
[[categoryCategory:アメリカ合衆国のディーゼル機関車]]
 
[[en:Sharknose]]