「なごやか (鉄道車両)」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
 
== 概要 ==
[[東日本旅客鉄道大宮支社|東京北鉄道管理局]]が1980年12月から[[1981年]](昭和56年)にかけて[[国鉄12系客車|12系]]の改造により製作した、車内を[[畳]]敷きにした和式客車である。[[国鉄12系客車|12系]]改造のお座敷列車としては[[九州旅客鉄道鉄道事業本部|門司鉄道管理局]]のお座敷列車「[[お座敷列車 (門司鉄道管理局)|海編成]]」に続いて2編成目である。いずれの車両も12系から改造されており、両端の車両はスロフ12形800番台、中間の車両はオロ12形800番台である。改造は[[大宮総合車両センター|大宮工場]]が担当した。
 
鉄道ファンなどからは国鉄末期から配置されていた尾久車両区の略号にちなみ「オク座」の通称で呼ばれていた。
* 3号車:オロ12 806「[[安房国|安房]]」(旧オハ12 243) - 定員46名
* 4号車:オロ12 807「[[上野国|上野]]」(旧オハ12 20) - 定員46名
* 5号車:オロ12 808「[[下野国|下野]]」(旧オハ12 18)19) - 定員46名
* 6号車:スロフ12 804「[[常陸国|常陸]]」(旧スハフ12 11) - 定員44名
 
* [[1987年]](昭和62年):JR東日本に継承、塗装変更。「なごやか」の愛称付与。
* [[1992年]]([[平成]]4年):塗装変更。
* [[1997年]](平成9年):後継車両として[[国鉄485系電車|485系]]改造の「[[華 (鉄道車両)|華]]」が登場し、それに伴い同年7月17日付で[[廃車 (鉄道)|廃車]]<ref>[[交友社]]『[[鉄道ファン (雑誌)|]]』 1998年7月号(通巻447号) p.75</ref>
 
== 参考文献 ==
* [[電気車研究会]]『[[鉄道ピクトリアル]]』1986年11月号(通巻471号)特集:12系客車
 
{{JR東日本のジョイフルトレイン}}