メインメニューを開く

特殊報道部』(とくしゅほうどうぶ)は、2012年8月23日日本一ソフトウェアから発売されたPlayStation Vitaアドベンチャーゲーム。日本一ソフトウェア創立20周年記念タイトル第2弾[2]。日本の民放テレビ局「尾張テレビ」の一部署「特殊報道部」によって制作される超常現象検証番組『トクホウ』の番組作りを行うというゲーム内容。

特殊報道部
ジャンル 超常現象報道アドベンチャー
対応機種 PlayStation Vita
開発元 日本一ソフトウェア
名古屋テレビ放送
発売元 日本一ソフトウェア
プロデューサー 簗瀬涼司
置山裕之
ディレクター 井上恵一
シナリオ 長井知佳(構成)
更永光(ライティング)
井上恵一、簗瀬涼司(監修)
音楽 藤田淳平
人数 1人
発売日 2012年8月23日
対象年齢 CEROC(15才以上対象)
売上本数 11,829本[1]
テンプレートを表示
尾張テレビのモデルとなったメ〜テレ(名古屋テレビ放送)

日本一ソフトウェアと地元の放送局名古屋テレビ放送(メ〜テレ)の共同製作であり、両社による製作委員会が組成された[3][4]。そのため、著作権表記は「Nippon Ichi Software Inc./メ~テレ」となっている。キャラクターデザインは漫画家・イラストレーターの清原紘

目次

ゲーム内容編集

プレイヤーは「人体発火」や「河童」など[5]の超常現象に関する「取材」を行い、超常現象の目撃現場や体験者の証言から手掛かりを集めていく。集めた情報の中から重要なものを洗い出し検証する際には、超常現象に関係のありそうな部分を探す「マテリアルチェック」が行われ、正しい箇所を指摘することでストーリーが進行する。物語が佳境となると、番組内容を決定する「プランニングチェック」が発生する。ここでは集めた情報を元にした企画書が2つ用意され、どちらを選び放送するかで以降の展開が異なる。終盤では番組の収録を行う「プログラムディレクション」が発生し、アナウンサーの進行に合わせてVTRや音声など適切な資料を選んでいく。間違えると放送事故扱いとなり視聴率が下がり、プレイヤーの評価に影響する。ランクはS・A・B・C・Dの段階があり、C以上でクリアとなる[6]

登場人物編集

柚原 遼(ゆはら りょう)
声 - 前野智昭
本作の主人公。孤児院への取材をきっかけに報道部から特殊報道部に異動となった新人アシスタントディレクター。
鷲見 衛(すみ まもる)
声 - 細谷佳正
主人公と同じく特殊報道部アシスタントディレクター。とある国で大統領のSPをしていた。ミステリアスな雰囲気を纏っている。
棚橋 彩(たなはし あや)
声 - 沢城みゆき
行動力や決断力など各種スキルの高いディレクター。
度会 楓(わたらい かえで)
声 - 瀬戸麻沙美
アブダクション事件をきっかけに特殊報道部に関わりを持つようになった女子高生。孤児員で暮らしている。アルバイトとしてよく働く番組アシスタント。
佐曽利 昭雄(さそり あきお)
声 - 藤原啓治
『トクホウ』プロデューサー。主人公を特殊報道部に異動させた張本人。能天気なオヤジ。
村瀬 知華(むらせ ちか)
声 - 藤田咲
『トクホウ』の案内役を務め、局の顔として活躍する美人アナウンサー。衛のことが好きで狙っている。

[7][8]

開発編集

実在の放送局が製作に参加することで、番組制作の現場の雰囲気を再現しており[7]、作中にはメ〜テレのスタジオや報道部、メ〜テレ前の東別院交差点が背景として使用されている。

キャラクターデザインは綾辻行人の小説『Another』の漫画版で知られる清原紘[7]

過去に『流行り神 警視庁怪異事件ファイル』を制作したスタッフが参加しており、本作は同作の「精神的な続編」とも受け取れる題材が散見される[6]

漫画編集

『恋巡 〜特殊報道部・はじまりの物語〜』のタイトルで『FlexComixフレア』にて2012年7月26日より連載。

脚注編集

  1. ^ 『ファミ通ゲーム白書2013 補完データ編(分冊版)』エンターブレイン、2013年。2016年3月25日閲覧。
  2. ^ 日本一ソフトウェア20周年記念プレスカンファレンスが開催 記念作品5タイトル発表など“日本一の本気”が炸裂”. ファミ通.com (2012年7月12日). 2012年8月23日閲覧。
  3. ^ PlayStation®Vita 専用ソフト『特殊報道部』製作・発売についてのお知らせ(日本一ソフトウェア)
  4. ^ メ~テレがゲームソフトに出資!テレビ局を舞台にした『特殊報道部』発売決定!(名古屋テレビ放送)
  5. ^ 「特殊報道部」の店頭体験会が本日から全国のPS Vita試遊機設置店舗にて順次開催。超常現象の一つ“ポルターガイスト”の取材や検証が体験できる”. 4gamer.net (2012年8月1日). 2012年8月23日閲覧。
  6. ^ a b 個性的なシステムが光る新作「特殊報道部」を先行プレイ。“超常現象”をテーマにしたテンポの良い会話劇が楽しめる秀作アドベンチャー”. 4gamer.net (2012年8月18日). 2012年8月23日閲覧。
  7. ^ a b c とあるテレビ番組が「世界の真実」を明らかにする? 日本一ソフトウェア,PS Vita用“超常現象報道ADV”「特殊報道部」を8月23日に発売”. 4gamer.net (2012年6月7日). 2012年8月23日閲覧。
  8. ^ 「特殊報道部」,テレビ番組「トクホウ」の制作スタッフや,基本的なゲームシステムを公開。声優で出演する藤田 咲さん,藤原啓治さんのコメントも到着”. 4gamer.net (2012年7月5日). 2012年8月23日閲覧。

外部リンク編集