メインメニューを開く

狩猟仮説とは古人類学において、人類の進化が狩猟行動によって影響を受け、他の類人猿ヒトに異なる選択圧を与えたとする仮説。

1925年にロンドン大学のカーベス・リードは、人類の祖先はオオカミと同様に集団で狩りをする捕食者だったと主張した。リードの影響を受けていたアウストラロピテクスの発見者であるレイモンド・ダートは、アウストラロピテクスは肉に依存した食生活を営み、自分の仲間も殺していたというキラーエイプ仮説を提唱した[1]。1953年にダートが提出した論文は専門誌に受理されず日の目を見る事が無かったが、1961年にキラーエイプ仮説を下敷きとして劇作家ロバート・アードレイが著した『アフリカ創世記』が出版された。『アフリカ創世記』は科学的読み物としてルイス・リーキーの支持を受け、科学者と一般の人々に多大な影響を与えた[1]

1960年代後半にカリフォルニア大学のシャーウッド・ウォッシュバーンは、現代人の肉食への欲求や、卑劣な行為や暴力に喜びを見いだすといった、ほとんどの文化に見られる人間生来の凶暴性は、淘汰の結果繁栄した狩猟に長けた先祖の特性を遺伝によって受け継いだ名残りとする狩猟仮説を提唱した[2]。1970年代以降、社会生物学エドワード・オズボーン・ウィルソンを始めとして狩猟仮説を展開・援用した学説や書籍が数多く出現した[2]

初期の人類がハンターであったという仮定に異論がなかった頃、この仮定は火の使用石器の作成、直立二足歩行と同様に、前身であるアウストラロピテクスからホモ属種分化する決定的なステップとして重要視されていた。人類の成功の鍵が雑食性にあると強調され始めるとこの仮説は人気を失った。その後はつがい行動のような社会的相互作用が言語文化の誕生にとって重要視されるようになった。

狩猟仮説の支持者は効率的な狩猟のために道具の使用と作成を重要と見なす傾向があった。また言語の起源宗教の起源は狩猟の文脈に求められる傾向があった。

脚注編集

参考文献編集

  • ドナ・ハート、ロバート・W・サスマン 『ヒトは食べられて進化した』 伊藤伸子訳、化学同人、2007年ISBN 9784759810820

関連項目編集