メインメニューを開く

独孤 盛[1](獨孤盛、どっこ せい、? - 618年)は、の武人。本姓は李氏。独孤楷の弟にあたる。

経歴編集

遠祖は北魏孝文帝漢化政策漢化した鮮卑であり、その後裔の李屯(独孤屯)の子として生まれた。隋の晋王楊広の側近として仕え、車騎将軍に累進した。楊広(煬帝)が即位すると、やはり側近にあって右屯衛将軍となった。

618年大業14年)、宇文化及が江都で反乱を起こし、裴虔通が兵を率いて成象殿に入ると、独孤盛は裴虔通をとがめて痛罵した。よろいを着ないまま側近十数人とともに裴虔通をはばもうとして、反乱兵に殺害された。越王楊侗が帝を称すると、光禄大夫・紀国公の位を追贈された。は武節といった。

伝記資料編集

脚注編集

  1. ^ 陳書』世祖本紀および侯瑱列伝に、560年天嘉元年)に北周の水軍を率いて陳の巴州湘州に侵入し、楊葉洲(西江口)で侯瑱に敗れた独孤盛なる人物が登場するが、本項で述べる独孤盛との関係は不詳。