メインメニューを開く

独立記念日 (アメリカ合衆国)

独立記念日(どくりつきねんび、: Independence Day)は、1776年アメリカ独立宣言が公布されたことを記念して、毎年7月4日に定められているアメリカ合衆国祝日[1]。「独立記念日(インディペンデンス・デイ)」の呼称が最も一般的であり、「7月4日」("Fourth of July")と言えば独立記念日を指す。最も米国らしい祝日と言われ、独立記念日の一週間はクリスマス感謝祭と並び全米が祝日モードとなる。ワシントンDCボストン等の都市では大型の花火打ち上げや屋外コンサートが行われ、米国内外から訪れる大勢の観光客で賑わう。

Independence Day
Independence Day
ワシントン記念塔越しに見る独立記念日の花火
別名 The Fourth of July
The Glorious Fourth
The Fourth
挙行者 アメリカ合衆国
種類 国民
趣旨 1776年大陸会議にてアメリカ独立宣言が採択されたことを記念
日付 7月4日
行事 花火, 家族親睦会, コンサート, バーベキュー, ピクニック, パレード, 野球の試合
テンプレートを表示
フィラデルフィアでの祝賀(1819年

目次

概要編集

独立記念日には、ワシントンDC、ボストンをはじめ各地で打ち上げ花火、パレード、コンサート等のイベントが開かれ、家庭ではバーベキュー、ピクニック、野球などをして家族や友人と過ごす。独立記念日の祝日は4日のみだが、土日を挟んだ前後に休暇を取って連休にし、旅行に出かけたり帰省したりするアメリカ人が多い。

独立記念日恒例の打ち上げ花火は、1777年以来の伝統行事である。なお、独立記念日を祝う大型行事が行われるワシントンDC、ボストンでは、その週は早くから見物人で、ホテルが満室となる。この時期に旅行を計画している場合は早期に予約するほうがよい。

また独立記念日の週、商業施設では乗用車など、高額な耐久消費財を含めて、多数の店舗がバーゲンセールを実施し、店舗は買い物客で混雑する。現在、アメリカ合衆国の祝日の大部分は、前後の土日と連続した三連休にするため、日付が年によって前後し、何月第何週の月曜日という形で設定されていることが多い。

一方、独立記念日は日付が7月4日で固定されている。商業施設では、週全体を「独立記念日週」と銘打ってセール期間とする場合もある。

歴史編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 「年中行事事典」p26 1958年(昭和33年)5月23日初版発行 西角井正慶編 東京堂出版

外部リンク編集