メインメニューを開く
現代のピクニックの一例。
芝生の上に布を敷きその上に座り、談笑しながら食事を楽しんでいる。バゲット(細長いフランスパン)、樹脂製密閉容器に入れた食べ物、自分で水筒に入れた飲み物、四角い大容器入りのワインなどを、リュックや布袋に入れて持参し、紙皿とプラスチックコップを使って食べている。
トーマス・コール画『ピクニック』。1860年以前のピクニックを描いた油絵。
湖畔の緑の上に布を広げ、そこに食べ物を置いている。大きなバスケットに、あらかじめ焼いた大きな肉の塊や、パンや、ガラスボトル入りの酒、陶器の皿やカトラリー類を入れて持参。肉は食べるつど、その場でナイフで薄くスライスしていたのだ、と判る。
1950年米国オハイオ州コロンバスでのピクニックパーティの風景。

ピクニック英語: picnic <= フランス語: pique-nique)とは、散歩などの途中に野外で食事をすること[1]自然豊かな場所に出かけて、あらかじめ詰めて運んだ食べ物をそこで食べること[2]。日本語の古語では野掛け(のがけ)という。

目次

概要編集

人間は、建物を作り、この中で生活の様々な用を済ませる。だが、あまりに建物に篭ってばかりではストレスを感じるようにもなる。ピクニックでは、建物から出て、野山や海岸などの自然豊かな場所へ出かけて散歩などを楽しみつつ食事場所へと向かい、自然豊かな場所で食事をする。閉鎖的でマンネリ化した建物内の生活から離れ、開放的な場所で自然を満喫しつつ食事をとると、一般に、食べ物も普段よりおいしく感じられる。食事の合間の談笑も普段より楽しく感じられる。

自然豊かな場所へ出かけてゆき、そこで食事それ自体を楽しむことがピクニックである。 食事の内容としては、一般的には、あらかじめ自宅で(運びやすい)料理を用意し、それを持ってゆく。たとえば弁当サンドイッチ果物などである。食事をできる場についたら、「ピクニックシート」や布類を広げてその上に腰を下ろして食事を始めてもよい。公園などでピクニック用のテーブルと椅子があらかじめ設置してある場所ならば、それを利用して食事をしても良い。そして、ゆっくりと食事をすることを楽しむ。

ピクニックは自然ゆたかな場所でゆっくりと食事を楽しむ。ピクニックで大切なことは、豊かな自然に加えて、ゆったりと食事を楽しむことである。ピクニックではあわてて食べないことが大切である。(ただの、短時間の「栄養補給行為」にしてしまってはピクニックではなくなってしまう) フランスなどでは、食事は1~2時間ほどかけてゆっくりと楽しむ。食べ物ひとつひとつじっくりと味わう。たとえば食べ物の、「見た目」を楽しみ、「香り」(フレーバー)を楽しみ、かむたびに変わる食べ物のテクスチャ(食感)を楽しみ、食材はどこでどんな人がとった?と想いを馳せ、それを誰がどんな想いで どんな工夫をして調理してくれたか? などと想像して楽しむ。イギリスでもピクニックでは食事をゆっくりと楽しむ。(わざわざピクニックに出かけて、普段の仕事や学業のあいだに慌ててとる食事とは違うことをしようとしているのだから、ゆっくりと食事をしていることそれ自体を楽しむ、ということが欧米では一般的である。)

似たような行楽にはハイキングがあるが、こちらは「てくてく歩く」という意味であり、食事はしなくても「ハイキング」である。ピクニックはただ野外を移動することよりも、食事することのほうに重点が置かれており、食事をしなければ「ピクニック」ではない。

なお、ピクニックではパッキングした食べ物を持ってゆく。バーベキューセットや屋外用調理用熱源まで持参して、その場で本格的に調理まで行うと、これは「ピクニック」というよりは、どちらかと言うと「デイキャンプ」(=日中だけに行うキャンプ)の類となる。

歴史編集

 
貴族のピクニック15世紀の図版
下に描かれた使用人たちのほか、左下には猟犬もおり、大所帯で戸外に繰り出している様子がうかがえる。

ピクニックという風習は、ヨーロッパ貴族の狩猟遊びで栄えた。貴族たちは使用人(召使い)も同行させ、ピクニックの場で配膳させるなど、戸外で食事をすることを贅をこらして楽しんだ。

18世紀末(1789年)にはフランスで国民がフランス革命を起こし、人々を食い物にして贅沢三昧の生活をしている国王や貴族を打ち倒し、国民のための政府、共和制の国をつくることに成功した。こうして19世紀には、ヨーロッパ諸国で傲慢で強欲な貴族や王を排除し、国民が主役となってゆくことに成功する国が増えていった。そして(王族・貴族に食い物にされなくなったので)裕福になる人々の割合が増えていき、こうした裕福な人々がピクニックなども楽しむようになった。19世紀に登場した裕福な人々は、(さすがに使用人を同伴するようなことはあまりなかったが)それでもピクニック用の食器カトラリーのセットをカバンにきれいに詰めて持参し、それなりに贅沢に食事を楽しむ、ということが行われた。

 
1940年ころの米国で、ピクニックの準備をする女性。
当時の定番のひとつでもある「ピクニックバスケット」から新聞紙、カトラリー、陶製コップ、皿、サンドイッチかパンケーキのような食べ物、鍋に入った食べ物などを取り出し、新聞の上にそれらを並べている。
 
米国、ピクニックをするカップル。
やはりバスケットに入れて、鍋入りの食べ物やカトラリーや皿を持参している。
 
2016年のビーチでピクニックをする男性。ショルダーバッグにサンドイッチと水筒と布を入れて持参。皿やカトラリーは持参していない。

米国では20世紀初頭からフォード・モデルTなどの安価な自動車が大量生産されるようになり、最初は金持ち層から普及が進み、彼らは自動車でピクニックに出かけられるようになり、さらに1920年代1930年代には大衆でも買える価格帯でも自動車が販売されるようになり、一般大衆も自動車でピクニックに出かけるようになった。

一般大衆もピクニックを楽しむようになると(大衆化)、彼らによってさらに簡単な食事でピクニックを楽しむ、ということが行われるようになり、食器を使わないでも食べられるようなサンドイッチを持参する、ということも一般的になった。

ピクニックセットの変遷
日本

日本でも貴族などは(領地(荘園)などを持ち、人々をこきつかっておいて、その穀物やお金をまきあげて)遊んで暮らしていたので、野に出て食事をする、ということもできた。なお戦国時代以降の武士なども、野外に出て「毛氈(もうせん)」という布を広げて、その上でお茶会を開き、和菓子なども優雅に楽しんだ。これを野点(のだて)と言う。貴族や武士や大商人でない人々は、そのようなことをする余裕などなかった、と考えてよい。

昭和に話を進めると、戦前の段階の日本は概してまだ貧困状態にあり、(ごく一部に裕福な人はいたが)ほとんどの人は貧しく、「ピクニック」という発想はほぼ無かった。また第二次世界大戦太平洋戦争)中も日本人は戦争を行うことにばかりに必死で、物資は次第に不足し、食べ物も不足、家族・親族・知人に死者が多数 出続けていたので、概して、ピクニックどころではなかった。戦時中は日本人は民族主義的、暴力主義的、軍国主義的で、人権はことごとく軽視し(自国民の人権も軽視、他国民の人権はさらに軽視・無視という状態)、先進国の人々から見ると日本人はまるで野蛮人のような状態であった。

戦争に米国の側が勝利して日本に進駐し、人権に配慮した先進国並みの平和憲法(現在の憲法)を制定し、野蛮な軍人たちを排除してくれたおかげで、ようやく日本でも、文明人らしい思考法とはどういうものか?とか、文明人らしい生き方というのはどういうものか?ということを知り、それを理解できる人がようやく増えてきた。憲法で戦争を放棄することを明記したおかげで、愚かな軍部や皇族が自滅的な戦争を始めようとすることを防ぐことができるようになり、(戦争という、破壊活動や、殺人活動、無限の怨恨の連鎖を生む活動ではなく)日本人は、もっと生産的な活動や、人々の幸福につながる可能性がある活動に集中できるようになり、日本は戦後復興期を迎え、1950年代1960年代頃から国民の所得が増え、1970年代には「一億総中流」の時代を迎え(つまり、多くの日本人が「自分の家族・先祖は以前はみじめな貧困層だったが、私の代になって最近収入が増え、ようやく「人並み」、中流になれたのだ」と思うようになり)、「自分も、"人なみ"なのだから、人間らしく、レクリエーションを楽しんでいいんだ」と思えるようになり、ピクニックもできるようになった。さらに日本の一般大衆でも自動車が購入できるようになり、自動車でもピクニックに出かけることもできるようになった。

平成期も(日本に限れば)平和な時代が続き、週末などで天気が良いと、公園や野原などでは、非常に多くの日本人がピクニックを楽しんでいる。 ミニバンなどファミリーカーの中には、ピクニックやハイキングに便利な装備を標準装備としたり、あるいはオプション装備として用意している車種もある。

さまざまスタイルやマナー編集

 
人々にピクニックを容易に楽しんでもらうために、公園に設置されている、ピクニック用テーブル

ピクニックでは、地面にマットを敷くなどして座って食事をしてもよいし、簡略化した椅子やテーブルを設置して食事をしてもよい。また簡単な椅子やテーブルが、あらかじめ行楽地などに設置してくれている場合は、それを利用してもよい(ピクニックシートの持参も省ける)。

持参する料理(食品)は、運びやすいものが好まれる。食事の場所に、電車と徒歩を組み合わせて行くにせよ、自動車と徒歩の組み合わせで行くにせよ、ピクニックの参加者が手に持って運ぶからである。自宅の食事では、皿の上に汁がたっぷりの料理が盛られたり、出来立てのアツアツの料理が食べられることが多いわけであるが、ピクニックでは汁たっぷりの料理は避けられる傾向があるし、「出来立てでなくて、さめても、かなりおいしい料理」というものが選ばれる。飲み物は水筒などに入れて持参することが昔からの一般的な方法である。

フランスなどでは、サンドイッチにする場合、食材を持参しておいて食事の場でサンドイッチを組み立てる人もいる。たとえばバゲット(長いフランスパン)あるいはバタール(中程度の長さのもの)あるいはパン・ド・カンパーニュのいずれかと、肉類、ジャンボン(ハム)類、パテ類、フロマージュチーズ)類、野菜類 などを容器に入れて入れて運び、食事の場でナイフでパンを切り、その場で各人の好みに応じてパテを塗ったり、肉類や野菜をはさんでサンドイッチに仕立てる、という方法である。こうすると運ぶ途中でパンがビショビショになったりせず美味しいからである。フランス人はワインが大好きで、それを持参することもかなり一般的である。スープやコーヒーを魔法瓶に入れて持参する人もいる。

かつてはピックニックで使うカトラリー類や皿類を運ぶのにも、食べ物を運ぶ容器にも苦労した。運ぶ時も、大きなバスケットに入れて、水平を保ち運んだ。20世紀後半に樹脂製密閉容器(いわゆる「タッパーウェア」)類が普及してから、容器関連の苦労が減った。水っぽい食材や料理でも、タッパーウェア類に入れれば良い、ということになり、(多少ナナメにしても良いので)リュックで運ぶことも可能になった。

日本人は「弁当」という食事文化を持っているので、それをピクニックにも応用することも一般的である。あらかじめ弁当箱の中に、米飯、さまざまなおかずなどを綺麗に配置しておいて、各人が思い思いの順番で食べる、という方法である。最近は日本人の弁当が「bento」として欧米でも知られるようになり愛好家も生まれたので、欧米人でも弁当を持ってゆく人もいる。

食事の後にすることは、「ピクニック」の定義からも判るように、基本的にはピクニックの要点ではない。さまざまな過ごし方がありうる。 あえて言えば、自然を楽しむ、というのならばピクニックの目的には適っている。日本のいにしえの人々が野掛け(のがけ)を行う時は、自然をたっぷりと楽しんだ。そして五感で楽しんだ。自然を、目で楽しみ、鳥たちが楽しげに交わすさえずりや風に揺れる枝のざわめき、虫の音などを耳で楽しみ、風に乗ってくる 春の花の香り、新緑の香り、夏草の強い匂い、秋の金木犀の香りなどを楽しんだ。(大陸や国などが異なれば、季節ごとに登場する色彩や音や香りはやや異なっているが)欧米の人も、現代人も、自然を楽しむことを知っている人は五感を使ってそれを楽しんでいる。(また、生物学的な観点から自然に興味を持っている人なら)鳥や昆虫の生態や植物の植生の細部に意識を向けるかも知れない。

ほかの過ごし方としては、たとえば食後はお腹が満たされた状態で木陰に入り、《木漏れ日》が揺れるのを感じつつ、まどろみ、幸福感を満喫する人もいる。 自然に親しみつつ遊ぶ人もいる。(普段は狭い部屋に篭っている人が せっかく広い場所に出てきたのだから、その機会を無駄にしないように、と)ボール遊び、キャッチボールバドミントンフリスビー凧揚げなどで遊ぶ子供や親子(やカップル)もいる。親子づれの家族なら、子供たちが自然の中で無邪気に遊ぶのをぼんやり眺めつつ親たちはのんびりと身体を休める、ということはしばしば行われている。木陰で読書を楽しむ人たちもいる。

せっかく野外に出たのに自然の豊かな音を楽しむことも知らず、音響機器を持参してしまう子供・若者もいる(特にスピーカで音を出すものは、周囲に人がいれば、鳥のさえずりや風の音など、自然の音を楽しんでいることもあるので、迷惑となる。)また子供や未熟な若者では、携帯可能な映像機器や携帯型ゲームを持参する人もいるが、これではわざわざピクニックに出た意味がまったく理解できておらず、ピクニックの意味や効能は半減してしまう。ゲーム類は建物内にいる時にすればよい。(大人は、せっかく自然の中に出た場合は、その自然を楽しむ智恵を持っており、大人だと、ゲームをする人でも、あくまで部屋の中にいる時にそれをし、場所や時間を使い分ける。)。

なお、ピクニックの場を立ち去る時には、自分たちが出したゴミをすべて拾いあつめるのがマナーであり、できれば(途中で駅や道の駅などに捨てたりせず)自宅に持ち帰るのがマナーである。

 
エドゥアール・マネの「草上の昼食」。なおこの時代、本当は、ピクニックで女性は裸にはならなかった。マネの時代までのフランスの絵画の世界はかなり硬直的になっていて、ありきたりの(現実を写真のように描いた)肖像画、静物画、風景画ばかりが描かれた。裸の女性を描きたい場合は「神話の一場面」という設定にしなければならなかった。マネは意図的に当時の画壇(画家たちの世界)の硬直した考え方を壊すために、あえてピクニックの場には本当はいない裸の女性を描いてみせた。(マネの意図どおり、当時の画壇からはこの作品は「大スキャンダル」と見なされ反発をくらったが、逆に大きな話題ともなり、フランスで絵画に関する概念枠が変化するきっかけを与え、画家たちがもっと自由な発想で絵画について考えるようになった。

関連項目編集

  1. ^ Larousse "pique-nique"]
  2. ^ [Oxford Dictionary "picnic"]