メインメニューを開く

独立部隊(どくりつぶたい)とは、軍隊の編成において師団などの上位組織に所属していない、軍団長や軍集団司令官など上級部隊指揮官の直接麾下にあってその特命に従事する部隊である。一般的には大隊規模の部隊として編成される、これは大隊が独立した活動を行うことができる最も小さな戦術単位であるからである。

概要編集

独立部隊は重戦車や重火砲など、通常は使用しない特殊な装備を一般の師団編成から独立した部隊として編成された物であり、必要に応じて最前線の師団や旅団の編成に一時的に付加され師団や旅団の作戦能力を引き上げるための部隊である。

このように編成を分離した理由は訓練や補給などの面でも一般の部隊とは異なるためでもあった。

ドイツ国防軍ではティーガーIティーガーIIなどの重戦車は独立重戦車大隊として編成され運用されていた。

旧日本軍では小型師団としての機能を持った独立混成旅団がいくつも作られている。これは指揮の上では軍団の指揮下にあり師団と同格の扱いを受けている師団編成から独立した部隊である。

自衛隊がカンボジアに派遣したカンボジア派遣施設大隊はその編成は独立部隊であり、師団などに属していない。このように特殊な地域などへ臨時に派遣される部隊なども独立部隊として編成される。

フィクションでの独立部隊編集

関連項目編集