猪谷 千香(いがや ちか、1971年 - )は、日本ジャーナリスト作家スキー選手で実業家でもある猪谷千春(ただし実父ではなく母の再婚相手)。母方の叔母は作家の工藤美代子。母方の叔父はベースボール・マガジン社・現社長の池田哲雄。母方の祖父ベースボール・マガジン社・創設者の池田恒雄

猪谷千香(右)のトークイベント

経歴・人物編集

東京生まれの東京育ち。明治大学大学院博士前期課程考古学専修修了[1]。祖母の実家は東京・両国の「工藤写真館」。産経新聞にて企画室、長野記者、文化部記者などを経た後退職。その後ドワンゴコンテンツニコニコ動画のニュースを担当[1]2013年4月からハフィントン・ポスト日本版勤務[1]、2017年から弁護士ドットコムニュース記者[2]。産経新聞では、Web面などを担当し、sankei expressでもコラム「勿忘草」を担当。同人誌サークル久谷女子のメンバーの一人[3]

趣味は現代アート・古書・埴輪歌舞伎着物メダカ、など。

発言・主張編集

エピソード編集

著書編集

  • 『日々、きものに割烹着』(筑摩書房、2010年)
  • ナウシカの飛行具、作ってみた 発想・制作・離陸メーヴェが飛ぶまでの10年間』(八谷和彦と共著、幻冬舎、2013年)
  • 『つながる図書館 コミュニティの核をめざす試み』(ちくま新書、2014年)
  • 『町の未来をこの手でつくる 紫波町オガールプロジェクト』(幻冬舎、2016年)
  • 『その情報はどこから?-ネット時代の情報選別力』(ちくまプリマー新書、2019年)

脚注編集

外部リンク編集