メインメニューを開く

献公(けんこう、生年不詳 - 紀元前501年)は、春秋時代の君主。姓は姫、名は蠆。

献公 姫蠆
公(周制による爵位は伯)
王朝
在位期間 紀元前514年 - 紀元前501年
都城 新鄭
姓・諱 姫蠆
諡号 献公
没年 紀元前501年
定公

生涯編集

鄭の定公の子として生まれた[1]紀元前514年4月、定公が死去すると[2]、献公は後を嗣いで鄭公として即位した[1]紀元前506年、献公はなどの諸侯とともに召陵の会盟に参加した[3]紀元前504年、鄭軍は馮・滑・胥靡・負黍・狐人・闕外の6邑を攻撃した。鄭は魯の侵攻を受けて、匡を奪われた[4]紀元前503年、献公は斉の景公と鹹で会盟した[5]紀元前502年、晋の士鞅の侵攻を受けて、蟲牢を包囲された[6]紀元前501年4月戊申、献公は死去し[7]、子の声公が鄭公として即位した[1]

脚注編集

  1. ^ a b c 史記』鄭世家
  2. ^ 『春秋左氏伝』昭公28年
  3. ^ 『春秋左氏伝』定公4年
  4. ^ 『春秋左氏伝』定公6年
  5. ^ 『春秋左氏伝』定公7年
  6. ^ 『春秋左氏伝』定公8年
  7. ^ 『春秋左氏伝』定公9年
先代:
定公
君主
前514年 - 前501年
次代:
声公