メインメニューを開く

玉井 克哉(たまい かつや、1961年3月9日[1] - )は、日本法学者東京大学先端科学技術研究センター教授[2]/信州大学経法学部総合法律学科教授[3]。専門は知的財産法[2]

玉井 克哉
(たまい かつや)
人物情報
全名 玉井 克哉
(たまい かつや)
生誕 (1961-03-09) 1961年3月9日(58歳)
日本の旗 日本 大阪府
出身校 東京大学法学部
学問
活動地域 日本の旗 日本
研究分野 知的財産法
研究機関 東京大学先端科学技術研究センター
信州大学法経学部
称号 教授
テンプレートを表示

人物編集

1961年3月、大阪生まれ。麻布中学・高校を経て、1979年東京大学に入学、1983年同法学部卒業。同年4月、学士助手制度を利用し東京大学法学部助手となる。行政法を専攻し、塩野宏教授に師事した。1986年3月、助手論文「ドイツ法治国思想の歴史的構造」[4]を上梓して助手任期を終える。その後学習院大学法学部講師、同助教授を経て1990年4月、東京大学法学部助教授に転任。知的財産法を主たる研究分野とする。1995年10月、学内異動で東京大学先端科学技術研究センター助教授。1997年5月、36歳1ヶ月で同教授。現在に至る。

1997年、文部省(当時)に対して「東大先端研方式」を提唱した。またそれを実現する組織として安念潤司とともに株式会社先端科学技術インキュベーションセンター(略称CASTI。現東京大学TLO)の設立を主導した。同社は、1998年に施行された技術移転促進法に基づいて承認された最初の技術移転機関の一つとなった。[5]

2016年4月以降、信州大学に経法学部が新設されるのに伴い、同学部教授を兼任している。(特任教授、客員教授等ではなく、クロス・アポイントメント制度による正規の「教授」。)[6]また、政策研究大学院大学で客員教授を務めており[6]、2007年以来、慶應義塾大学で非常勤講師を務めている。2008年4月から2013年3月まで、同大学総合政策学部の特別招聘教授であった。[7]

2012年6月以降、日本音楽著作権協会(JASRAC)外部理事(既に退任[8])。音楽教室での演奏に対し著作権料を徴収するJASRACの方針について「当然の権利主張」であるとの立場を示している[9]。2013年4月1日、弁護士登録(第一東京弁護士会所属)。

職歴編集

  • 1983年 東京大学法学部卒業[2]
  • 1983年 東京大学法学部助手(行政法)[2]
  • 1986年 学習院大学法学部講師(行政法)[2]
  • 1988年 学習院大学法学部助教授(行政法)[2]
  • 1990年 東京大学法学部助教授(行政法・知的財産法)[2]
  • 1995年 東京大学先端科学技術研究センター助教授[2]
  • 1997年 東京大学先端科学技術研究センター教授(知的財産法)[2]
  • 2016年 信州大学経法学部総合法律学科教授[10]

兼職編集

著書編集

共編著編集

聞き手編集

部分執筆編集

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.328
  2. ^ a b c d e f g h i 研究者プロフィール 玉井 克哉 東京大学 先端科学技術研究センター
  3. ^ [1]
  4. ^ 玉井克哉. (1990). ドイツ法治国思想の歴史的構造 (一). 國家學會雜誌, 103(9), 1-79.
  5. ^ 『挑戦続く東大先端研』宮本喜一著 (日経BPクリエーティブ, 2004) p16
  6. ^ a b 政策研究大学院大学 まちづくりプログラム:担当教員http://www3.grips.ac.jp/~up/teacher.html
  7. ^ 知財立国研究会:概要 http://chizairikkoku.com/about
  8. ^ 役員一覧 JASRAC” (日本語). www.jasrac.or.jp. 2018年9月8日閲覧。
  9. ^ 音楽教室での演奏から著作権料を徴収へ 著作権法どう解釈 「なぜ問題になるのか理解に苦しむ」「著作権の公益性が問われている」, 産経ニュース, 2018年4月21日閲覧
  10. ^ PRIP http://prip.or.jp/tamai_katsuya.html

外部リンク編集