メインメニューを開く

王 審知(おう しんち)は、十国の初代の王。

太祖 王審知
初代王
Uong Sing-di.JPG
王審知像(福州閩王祠)
王朝
在位期間 909年4月27日 - 925年12月30日
都城 長楽府
姓・諱 王審知
信通
詳卿
諡号 忠懿王
昭武孝皇帝(恵宗による)
廟号 太祖(恵宗による)
生年 咸通3年(862年
没年 同光3年12月12日
925年12月30日
王恁
后妃 任内明
陵墓 宣陵

生涯編集

光州固始県(現在の河南省信陽市固始県)の出身。中和5年(885年)、兄の王潮王審邽と共に寿州(現在の安徽省淮南市寿県)の首領であった王緒に従い福建に転戦していた。しかし王緒の猜疑心が強かったことから対立が生じ、王潮が政変を起こし王緒を捕らえた。その後王潮は勢力を拡大し、景福2年(893年)に福州を攻撃、現在の福建省全域を勢力下に置くことに成功し、王審知は福建道観察副使に任じられた。乾寧4年12月6日898年1月2日)に王潮が死去すると王審知は福建道観察使、威武軍節度使を継承し、後に唐より瑯琊王に封じられ、開平3年(909年)には閩王に封じられた。王審知は窮民出身であったため、政策は倹約を強め徭賦を軽くすることで民力の休養に勤めた。

同光3年(925年)に薨去し、忠懿王と号を贈られた。王位は長男の王延翰が継承した。王延鈞が皇帝に即位すると昭武孝皇帝と追諡され、廟号は太祖とされた。

宗室編集

妻妾編集

  • 正室:任内明(皇后を追贈された)
  • 側室:黄恵姑

男子編集

女子編集

  • 瑯琊郡君

参考文献編集