王 少姫(おう しょうき、? - 580年代)は、南朝陳の廃帝陳伯宗皇后琅琊郡の人。

王皇后
南朝陳の皇后
在位 天康元年7月22日 - 光大2年11月23日
566年8月23日 - 568年12月27日

全名 王少姫
死去 580年代
配偶者 廃帝
子女 陳至沢
氏族 琅琊王氏
父親 王固
テンプレートを表示

経歴編集

金紫光禄大夫王固の娘として生まれた。天嘉元年(560年)、皇太子妃に立てられた。天康元年(566年)4月に陳伯宗が即位すると、同年7月に皇后に立てられた。光大2年(568年)11月、陳伯宗が廃位されて臨海王となると、王皇后は臨海王妃となった。至徳年間に死去した。

子に陳至沢があった。

伝記資料編集

  • 陳書』巻7 列伝第1
  • 南史』巻12 列伝第2
  • 『建康実録』巻19 「后諱少姫。侍中、金紫光禄大夫固之女。」