メインメニューを開く

王 師(おう し)はの政治家である。字は貞甫。山西省臨汾の人。

乾隆11年(1746年)、浙江布政使へ昇格。後に江蘇へ転任。その後、天津道按察使に降格。その後再び浙江布政使の官職を授かる。乾隆15年(1750年)、江蘇巡撫に抜擢されるも、程無く死亡。王亶望という息子を持つ。

参考編集

清史稿』巻三三九