メインメニューを開く

王 徳榜(おう とくぼう、Wang Debang1837年 - 1893年)は、末の軍人。字は朗青

湖南省江華出身。1852年太平天国軍が湖南省に進攻すると、兄の吉昌とともに団練を組織して戦った。1855年から江西省浙江省安徽省を転戦し、1860年より湘軍左宗棠の部に属した。その後、江西省・福建省広東省方面で李世賢汪海洋軍と戦って功績をあげ、1865年には福建按察使ついで福建布政使に昇進した。

1871年、左宗棠に従って陝西省甘粛省回民蜂起の鎮圧にあたった。1880年新疆張家口に駐屯した。翌年に北京に入り、火器の教練や水利事業にあたった。

1884年清仏戦争が勃発すると広西省で兵を集めてベトナムランソンに駐屯し、翌年には鎮南関の戦い馮子材とともにフランス軍に大勝した。

1889年、貴州布政使に任命され、在職中に死去した。

出典編集