王 惇(おう とん、? - 256年)は、中国後漢末期から三国時代武将

生涯編集

建安24年(219年)、呂蒙荊州に侵攻し関羽を殺害すると、曹操孫権驃騎将軍・荊州に任じ、仮節を与え、南昌侯に封じた。孫権は校尉の梁寓を使者に立てて後漢の朝廷に献上物を捧げさせ、捕虜の朱光浩周らを釈放してに返還し、それとともに王惇に命じて馬を買い入れさせた[1]

太平元年(256年)11月、孫綝の従兄の孫憲は、将軍の王惇と謀って孫綝の暗殺を企てたが、事が発覚し、孫綝は王惇を殺害し、孫憲には自殺をさせたという[2]

参考文献編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 三国志』呉志 呉主伝
  2. ^ 『三国志』呉志 孫亮伝・呉志 孫綝伝