メインメニューを開く

小南 一郎(こみなみ いちろう 1942年3月13日 - )は、日本の研究者。専門は中国文学及び中国史京都大学人文科学研究所名誉教授、泉屋博古館名誉館長。

目次

来歴・人物編集

京都市北白川生まれ。1964年京都大学文学部卒業。1969年同大学院文学研究科博士課程単位取得退学。京都大学人文科学研究所助手。京都大学文学部助教授。京大人文科学研究所教授。2001年「楚辞とその注釈者たち」で京大文学博士2005年定年退官後、龍谷大学特任教授に就任。2012年に同大学を退職。泉屋博古館館長。高橋和巳に師事した。専門は中国青銅器

著書編集

共著・編著編集

  • 『中国古代礼制研究 京都大学人文科学研究所研究報告』朋友書店 1995年
  • 『中国の礼制と礼学 京都大学人文科学研究所研究報告』朋友書店 2001年
  • 『中国文明の形成 京都大学人文科学研究所研究報告』朋友書店 2005年
  • 『中国近世文芸論 - 農村祭祀から都市芸能へ』 田仲一成斯波義信共編 東洋文庫/東方書店(発売)2010年

翻訳編集

論文編集

  • 「漢字の表現」、『日本語の世界3.中国の漢字』に収録、中央公論社 1981年
     ※貝塚茂樹小川環樹編、他に藤枝晃、尾崎雄二郎、大原信一、吉田恵との共著。
  • 「神亭壺と東呉の文化」 1993年
  • 「語り物文芸の形成 - 漢から宋へ」 1998年
  • 「遊女と乞食 中国の小説・文芸に見る男女関係の基本形態」 1998年
  • 「『十王経』をめぐる信仰と儀礼 - 生七斎から七七斎へ」 2000年
  • 「中国古典文学研究の可能性-民衆文芸への視点」 2000年
  • 「「盂蘭盆經」から「目連變文」へ - 講經と語り物文藝との閒」 2004年