メインメニューを開く

王懐(おう かい、生年不詳 - 538年)は、中国東魏軍人は懐周。

経歴編集

六鎮の乱が起こると、若くして従軍した。韓楼幽州で乱を起こすと、王懐は成功しないと見切って、ひそかに官軍と交渉した。531年、韓楼に叛いて北魏に帰順し、征虜将軍・第一領民酋長の位を受け、武周県侯に封じられた。

高歓が起兵すると、王懐は3000家あまりの部衆とともに高歓に帰順した。高歓が爾朱兆を広阿で討つと、王懐は安北将軍・蔚州刺史となった。高歓の下でを攻撃し、爾朱氏を韓陵に討って、爵位は侯に進んだ。高歓が洛陽に入ると、王懐は車騎将軍に任じられ、盧郷県侯に改封された。

534年、東魏が建国されると、使持節・広州諸軍事となった。535年の湛僧珍・楊暕らが侵攻してくると、王懐は行台の元晏とともに項城を攻撃して落とし、楊暕を捕らえた。また高歓の下で西夏州を落とした。帰還すると、大都督となり、下館に駐屯して、儀同三司の位を受けた。538年西魏に対する攻撃に従ったが、建州で病没した。定幽恒肆四州諸軍事・刺史・司徒公・尚書僕射の位を追贈された。

伝記資料編集