メインメニューを開く

王洽 (東晋)

東晋の政治家・書家

王 洽(おう こう、323年 - 358年)は、東晋の政治家。敬和丞相王導の三男であり、領軍を務めた[1]書家としても知られる[2]。子に王珣王珉[1]。孫に南朝太保王弘・王虞・王柳・王孺・王曇首王朗・王練ら。

官職は、散騎から、中書郎、中軍長史司徒左長史、建武将軍呉郡内史、領軍を歴任。さらに穆帝中書令に任ずる考えであったが、これは固辞した[1]

書家としては、章草から草書への発展で知られ、同世代の親族の王羲之からも高く評価されている[2]

出典編集

  1. ^ a b c “巻65 列伝第35 王導”. 晋書. 
  2. ^ a b 書道基礎知識(書道の歴史/五胡十六国)”. 日本インターネット書道協会. 2014年12月20日閲覧。