王 玄載(おう げんさい、413年 - 488年)は、南朝宋からにかけての軍人は彦休。本貫太原郡祁県

経歴編集

東莞郡太守の王蕤(上谷郡太守の王宰の子)の子として生まれた。宋の江夏国侍郎・太宰行参軍を初任とした。465年泰始元年)、長水校尉となった。466年(泰始2年)、張永の下で彭城の薛安都を攻撃した。宋軍が敗れると、玄載は軍を率いて下邳城に拠り、北魏の攻勢をはばんだ。仮の冠軍将軍の号を受けた。467年(泰始3年)、持節・監徐州豫州梁郡諸軍事・寧朔将軍・平胡中郎将・徐州刺史に任じられた。北魏の孔伯恭が宋の沈攸之の軍を破ると、玄載は北魏の尉元の勧告を容れて、下邳を放棄して撤退した。まもなく山陽東海二郡太守を兼ねた。469年(泰始5年)、青兗二州刺史に転じた。471年(泰始7年)、再び徐州刺史となり、都督徐兗二州諸軍事・鍾離郡太守を兼ねた。左軍将軍の号を受けた。寧朔将軍・歴陽郡太守に任じられ、持節・都督南豫州諸軍事・冠軍将軍・南豫州刺史に転じた。撫軍司馬となった。473年元徽元年)10月、持節・都督梁南北秦三州諸軍事・冠軍将軍・西戎校尉・梁秦二州刺史として出向した。征虜将軍に進んだ。476年(元徽4年)1月、都督益寧二州諸軍事・益州刺史・建寧郡太守に転じた。

477年昇明元年)、沈攸之の乱が起こると、玄載は蕭道成に味方して、後軍将軍の号を受け、鄂県子に封じられた。479年建元元年)、斉が建国されると、玄載は左民尚書となった。480年(建元2年)、北魏の侵攻を受けて、南兗州刺史の王敬則建康に逃走してくると、玄載は広陵に派遣されて、仮節・平北将軍・行南兗州事の位を加えられた。垣崇祖らが魏軍を撃退すると、玄載は光禄大夫・員外散騎常侍の位を受けた。486年永明4年)、持節・監兗州縁淮諸軍事・平北将軍・兗州刺史となった。488年(永明6年)、死去した。享年は76。は烈子といった。

伝記資料編集