メインメニューを開く

上谷郡(じょうこく-ぐん)は、中国にかつて存在したである。の時代に設置。現在の中華人民共和国北京市にあたる。

中国地名の変遷
建置 秦代
使用状況 唐代に廃止
上谷郡
前漢上谷郡
朔調郡
後漢上谷郡
三国上谷郡
西晋上谷郡
東晋十六国上谷郡
南北朝上谷郡
易州
上谷郡
易州
上谷郡
易州

歴史編集

紀元前222年、秦がを滅ぼすと、その地に上谷郡・漁陽郡右北平郡遼西郡遼東郡が置かれる。

前漢の時代は幽州に属し、沮陽・泉上・潘・軍都・居庸・雊瞀・夷輿・甯・昌平・広甯・涿鹿・且居・茹・女祁・下落の15県を領した。

の時代、王莽が上谷郡を朔調郡と改名し、県も沮陽は沮陰、泉上は塞泉、潘は樹武、雊瞀・夷輿は朔調亭、甯は博康、昌平は長昌、広甯は広康、涿鹿は抪陸、且居は久居、茹は穀武、女祁は祁、下落は下忠と改名された。

後漢の時代は沮陽・潘・居庸・雊瞀・甯・広甯・涿鹿・下落の8県を領した。建武25年(49年)、烏桓族の大人(たいじん:部族長)郝旦(かくたん)等が後漢に朝貢すると、光武帝は彼らを幽州の各郡に住まわせたので、上谷郡にも烏桓族が住むようになる。また、護烏桓校尉の役所を甯県の甯城に置いた。

の時代は沮陽・居庸の2県を領した。

北魏の時代は東燕州に属し、平舒・居庸の2県を領した。

開皇元年(581年)、上谷郡は易州と改名し、大業605年 - 618年)の初め上谷郡に戻る。冀州に属し、易・淶水・遒・遂城・永楽・飛狐の6県を領した。

武徳四年(621年)、唐は竇建徳を討伐すると、ふたたび上谷郡を易州と改名し、易・淶水・遒・遂城・永楽の五県を領す。開元二十三年(735年)、五回・楼亭・板城の三県を分けて置く。天宝元年(742年)、ふたたび上谷郡と改める。乾元元年(758年)、みたび易州となる。易・容城・遂城・淶水・満城の5県を領す。

これ以降、上谷郡の名は見られなくなる。

参考資料編集

  • 史記
  • 漢書』(地理志第八)
  • 後漢書』(郡国志第二十三)
  • 晋書』(地理志上)
  • 魏書』(志第五 地形二上)
  • 隋書』(志第二十五 地理中)
  • 旧唐書』(志第十九 地理二)
  • 新唐書』(志第二十九 地理三)